Windows 10ミニTips (178) Creators Updateを新規インストールする - USBメモリ編

Windows 10ミニTips (178) Creators Updateを新規インストールする - USBメモリ編

○ISOファイルでWindows 10を新規インストールする

前回はWindows 10の「回復」機能を使い、Windows 10 Creators Updateを新たにインストールする方法を紹介した。今回はもう1つのリフレッシュ方法、USBメモリを用いた新規インストールだ。MicrosoftのWebサイトからダウンロードできる、「メディア作成ツール」を利用する。

メディア作成ツールは、Windows 10を新規インストールするためのUSBメモリやISOファイルを作成するものだ。また、メディア作成ツールを実行したPCのアップグレードも可能となっている。

作成するメディアは、環境によってはアーキテクチャが「64ビット」以外になる可能性がある。多くの読者諸氏はWindows 10の64ビット版を選択すると思われるため、「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックを外し、「アーキテクチャ」で「64ビット」を選択し直そう。

64ビット版Windows 10のインストール用メディアを作成するには、4GB以上の容量を持つUSBメモリが必要だ。PCに接続したUSBメモリに割り当てられたドライブ文字をエクスプローラーで確認し、正しい作成先であるか確認してから手順を進めてほしい。なお、USBメモリの内容はすべて消去される。

USBメモリへ書き込むため、ISOイメージファイルを作成するよりも時間を要するが、10〜20分程度でメディア作成は完了するはずだ(USBメモリの書き込み速度に左右される)。後はPCを1度シャットダウンし、USBメモリから起動することで、Windows 10の新規セットアップが可能になる。USBメモリから起動する方法は、PCのマニュアルや、自作PCならマザーボードのマニュアルを参照してほしい。

新規インストールの手順は「Windows 10大百科」を参考にしてほしいが、大きく異なるのがプロダクトキーの入力だ。Windows 10はMicrosoftアカウントに紐付くデジタルライセンスで認証を行うため、同一のPCであればプロダクトキーを入力する必要はない。筆者は、ローカルアカウントでインストールし、その後にMicrosoftアカウントへの切り替え変更を推奨する。切り替え操作が完了するまでWindows 10の認証が終わらないが、心配は不要だ。その後インターネット経由で認証が行われるので安心してほしい。

阿久津良和(Cactus)

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

00時32分更新

社会のニュースをもっと見る

23時47分更新

経済のニュースをもっと見る

23時13分更新

政治のニュースをもっと見る

21時29分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

21時04分更新

エンタメのニュースをもっと見る

21時51分更新

スポーツのニュースをもっと見る

23時16分更新

トレンドのニュースをもっと見る

17時10分更新

仕事術のニュースをもっと見る

11時00分更新

生活術のニュースをもっと見る

09時51分更新

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索