JR西日本「新たな長距離列車」個室グリーン車も - 2020年夏までに運行開始

JR西日本「新たな長距離列車」個室グリーン車も - 2020年夏までに運行開始

JR西日本が20日に実施した6月定例社長会見にて、「新たな長距離列車」の導入に向けた検討状況に関して説明が行われた。2020年夏までに運行開始する予定で準備を進め、グリーン車やフルフラットシートの車両も連結した6両編成をイメージしている。「新たな長距離列車」に関して、既存車両117系の改造であることも報じられた。

同社は昨年11月末に実施した記者会見の中で、「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」(6月17日から運行開始)とは異なるコンセプトの「新たな長距離列車」について検討を始めたことを明らかにしていた。6月20日の定例社長会見で「新たな長距離列車」のコンセプトや概要、列車イメージが公開され、鉄道の強みを生かし、地域と一体となった観光振興推進策の一環で「気軽に」「自由に」利用できる列車として検討しているとのことだった。

「新たな長距離列車」の先頭車2両はグリーン車となり、うち1両は個室、反対側の1両は1列+2列シートの車両に。中間車4両のうち1両はフルフラットシート(ノビノビ座席)の車両で、他にコンパートメントの普通車と2列+2列シートの普通車を1両ずつ配置する。残り1両はフリースペースとして、利用者が歓談・食事などで自由に利用できる車両となる。列車の具体的なデザインなどは今後検討し、「シンプルでありながら快適で落ち着いた空間を提供したい」と説明している。

運行区間は京阪神から山陰・山陽方面をはじめ、時季によって西日本エリアの複数の区間で運行予定とされた。始発駅・途中駅でその土地ならではの美味・美酒などの販売も検討している。列車のコンセプトとして「多様性」「カジュアル」「くつろぎ」をキーワードに掲げており、さまざまな旅のスタイルに対応できる快適性の高い設備とともに、リーズナブルな価格設定とすることで気軽な鉄道の旅を楽しめるようにする。

「新たな長距離列車」のデザイナーはイチバンセン代表取締役の川西康之氏。これまでにえちごトキめき鉄道のリゾート列車「えちごトキめきリゾート 雪月花」の設計デザインや、土佐くろしお鉄道中村駅のリノベーションなどを手がけている。車内外のデザインをはじめ、詳細は決まり次第、改めて発表される予定。2020年夏までに運行開始予定の「新たな長距離列車」で、「シニア世代をはじめとする幅広い世代や訪日観光の方々にも、西日本各地の魅力に触れていただきたい」としている。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索