モトローラ、5.5インチのSIMフリースマホ「Moto Z2 Play」を29日に発売 - 国内でのMoto Mods開発支援にも意欲

モトローラ、5.5インチのSIMフリースマホ「Moto Z2 Play」を29日に発売 - 国内でのMoto Mods開発支援にも意欲

●順当に進化した新スマホ
モトローラは20日、SIMフリースマートフォン「Moto Z2 Play」を発表した。価格は53,800円(税抜、以下同)で、6月29日から発売する。また、スマートフォン本体に装着して使用する拡張モジュール「Moto Mods」の新製品もあわせて発表された。本稿では、都内で開催された記者発表会の模様をお伝えする。

○Moto Z2 Playの概要

Moto Z2 PlayはMoto Z Playの後継機で、CPUをSnapdragon 626(2.2GHz/オクタコア)に、内蔵メモリを4GBに強化した。本体はオールメタル一体化成形デザインを採用し、前機種と比べて厚みは1mm薄くなり、重さは20g軽くなっている。ディスプレイは、5.5インチのフルHD(1920×1080ピクセル)AMOLEDを搭載。メインカメラには1200万画素、f/1.7の明るいレンズを備えており、次世代レーザー・オートフォーカスとデュアル・ピクセル・オートフォーカス技術の併用により暗所での撮影にも強い。

バッテリー容量は3,000mAhで、約15分の充電で最長8時間の駆動が可能な15W Turbo Power充電器を同梱する。インタフェースはUSB Type-C。このほか指紋認証に対応、4KウルトラHD動画録画(フレームレート:30fps)に対応。デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)も利用できる。

前機種と同様に、手首をひねってカメラ起動、振り下ろしてライト点灯といったMotoアクションが利用できる。これに加えて、夜間になると自動的に温かいトーンに画面を調節する「ナイトディスプレイ(夜間表示)」機能が新たに利用可能になった。

○新Moto Modsが追加

このほかMoto Zファミリー向けの拡張モジュール「Moto Mods」の新製品として、「Turbo Powerパック」(9,800円)、「ワイヤレス充電キャップ」(4,680円)も追加された。

Turbo Powerパックは3,490mAhの専用モバイルバッテリー。Moto Zシリーズに装着することでバッテリーライフを1日近く延長することができる。特に端末のバッテリーが減少しているときには、最大15Wで急速充電が可能。スマートフォンの電池残量を常に8割程度に保って電池を長持ちさせる「効率駆動モード」も選べる。

ワイヤレス充電キャップは、背面カバーにワイヤレス充電機能を備えたもの。対応する市販のワイヤレスチャージャーに置くと、最大10Wでワイヤレス充電できる。キャッツアイ、グレー、フラワーデジの3色で展開する。

●日本国内でも「Moto Mods」の開発を支援
○2017年の事業戦略、ゲームパッドも登場!?

記者発表会に登壇したモトローラ・モビリティ・ジャパン 代表取締役社長のダニー・アダモポウロス氏は、2017年の事業戦略としてブランドにさらなる投資を行うと同時に、販路の拡大に努めていくと説明した。家電量販店などの小売業者、MVNOなどの通信事業者と引き続き関係を密にしていくという。

Moto Zシリーズは、背面にMoto Modsを装着することでスマートフォンに様々な機能を追加できるのが最大の特徴。ダニー氏によれば、日本市場では光学ズーム付きデジタルカメラにトランスフォームできる「Hasselblad True Zoom」が1番人気だという。「現在の市場にない製品を提供することで、コンシューマに選択肢を提供できている」と同氏。

さらにダニー氏は、未発表のMoto Modsとして「ゲームパッド」を紹介した。日本市場では2017夏の終わり頃にリリースできる見込みだという。「お手持ちのスマートフォンを、真のモバイルゲーム機に変身できる。リアルコントロールスティック、パッド、4つのアクションボタン、オンボードバッテリー、ヘッドセットジャックが搭載されており、シンプルにただ装着するだけで利用できる」と同氏。こちらに関しては正式な発表を待ちたい。

○日本でも「Moto Mods」のアイデアソンを開催

モトローラではMoto Modsのさらなる発展のため、自社で新製品を開発するだけでなく、ブランド・パートナーシップにより他メーカーとも協力、さらには開発者コミュニティを活性化させて小規模な開発会社、デベロッパーの参入も促進させていく考え。登壇したモトローラ・モビリティ・USAのクリスチャン・クリスチャンは「モトローラがプロダクトの開発支援を行うことで、これまで日の目をみなかった製品も形にしていける」と説明する。

これまでグローバルでは6都市でハッカソンを開催してきた。日本でも、9月2日に大阪でアイデアソンを開催することが決定。クリスチャン氏は「日本は昔から発明、クリエーションの多い国。そういった歴史ある日本で開催できることを非常に楽しみにしている」と笑顔になった。なお東京では、7月にタッチ&トライイベントを開催予定。今後も露出を増やしていく方針だ。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索