アイロボット、スマホアプリで操作可能なロボット掃除機「ルンバ」新モデル

アイロボット、スマホアプリで操作可能なロボット掃除機「ルンバ」新モデル

アイロボットジャパンは8月3日、ロボット掃除機「ルンバ」の新モデルとなる、「ルンバ 890」「ルンバ 690」を発表した。両者ともWi-Fi(無線LAN)を搭載し、スマートフォンアプリ「iRobot HOME」に対応している。発売は8月24日、公式オンラインストアでの価格(税別)は、ルンバ 890が69,800円、ルンバ 690が49,800円。

ルンバには、上位シリーズとして「ルンバ 980」「ルンバ 960」があり、すでにWi-FiとiRobot HOMEアプリに対応したIoTデバイス化を果たしている。今回の新モデルによって、ルンバの全モデルがWi-Fi対応、iRobot HOMEアプリ対応となった。

iRobot HOMEアプリを使うと、スマートフォンを使ってルンバを操作できる。外出先から掃除の開始を指示、掃除を完了したら通知、詳細な掃除スケジュールの設定、といった操作が可能だ。

新モデルのルンバ 890は、上位のルンバ 980 / 960と同様のAeroForceクリーニングシステムを搭載。かつての「600」シリーズ、「700」シリーズと比較して、最大5倍の吸引力を実現した。掃除中に髪の毛をからみにくくした構造、シンプルなダスト容器などによって、メンテナンス性も高めている。

内蔵バッテリーの充電時間は約3時間で、通常清掃時の稼働時間は最大60分。本体サイズは最大幅353×高さ92mm、重量は約3.8kg。デュアルバーチャルウォール(1台)、充電ドックのホームベース、交換用フィルター(1個)などが付属する。本体カラーはピューター。

一方のルンバ 690は、価格をおさえたエントリーモデル。より高度なAeroForceクリーニングシステムは搭載していないが、3段階のクリーニングシステム、掃除終了後に自動でホームベースに戻って充電する機能などを備える。本体サイズは最大幅340×高さ92mm、重量は約3.6kg。本体カラーはライトシルバー。バッテリーの仕様はルンバ 890と同じだ。

なお、8月3日には発表会・体験会も開催されており、詳しい様子は追ってお伝えする。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索