スマホ連携で上手な歯磨きをガイド - フィリップスの充電式電動歯ブラシ

スマホ連携で上手な歯磨きをガイド - フィリップスの充電式電動歯ブラシ

フィリップスから去る7月25日に発表された充電式電動歯ブラシ「ソニッケアー」の新モデルに関して、発表会&体験会が開催された。3つの新モデルが登場したが、そのうち目玉となるのは、最上位機種となる「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」だ。

発売は9月1日で、価格はオープン。推定市場価格(いかすべて税別)は、本体カラーがルナーブルーでブラシヘッドホルダー付きの「HX9964/55」39,800円前後、本体カラーがホワイトの「HX9934/05」とブラックの「HX9934/15」が36,800円前後となる。3モデルとも機能性能上の違いはない。

ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマートは、付属する4種類のブラシヘッド(歯垢除去、歯ぐきケア、ステイン除去、舌ケア)を自動認識。ブラシヘッドをハンドルに付け替えると、自動的に最適のモードや強さでブラッシングを行う。また、ブラッシング時間やブラッシングの際の圧力から、ブラシヘッドの蓄積したダメージを算出し、最も適した交換時期が来たときにお知らせする。

もう一つ特筆したいのが、スマートフォン向けの専用アプリ「Philips Sonicareアプリ」だ。本体とBluetoothで連動し、本体内蔵のスマートセンサーが検知したブラッシングの癖や状態に合わせて、より上手なブラッシングをガイドする。

例えば、ブラシを歯に強く押し付けすぎていると、もっと弱く当てるように注意したりする。毎日のブラッシング状況を記録し、ユーザーそれぞれの歯の状況に合わせたオーラルケアをサポートしてくれるわけだ。

フィリップスのオーラルケア担当の河本幸子氏は「アプリには、普段利用している歯科医の連絡先を登録して、スケジュール管理して予約の連絡を促すといったことも可能です。健康な歯の維持にぜひ役立ててください」と話す。

同時に、初心者向けの充電式電動歯ブラシ「ソニッケアー クリーンケアー」と、水流で歯間の歯垢を除去できる「ソニッケアー エアーフロス ウルトラ」も発売する。これらも発売は9月1日で、価格はすべてオープン。

ソニッケアー クリーンケアーは3色展開し、ライトブルーの「HX3293/07」、フレッシュグリーンの「HX3293/32」、ピンクの「HX3293/42」となる。推定市場価格は3,980円前後。初心者でも操作に迷わないよう、ボタンをOn/Offの1つのみにしている。

ソニッケアー エアーフロス ウルトラ「HX8632/01」の推定市場価格は18,800円前後だ。一般的なデンタルフロスは、手で歯間に入れて上手に使うには慣れが必要なので、なんとなく面倒という向きにもオススメ。水だけでなくマウスウォッシュも利用できる。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索