富士通、法人向けPC30機種 - 価格最大25%減の「働き方改革支援モデル」も

富士通および富士通クライアントコンピューティングは8日、タブレットやPC、ワークステーションなど、15シリーズ30機種を法人向けに発表した。8月中旬から順次発売する。価格は75,300円から(税別)。

デスクトップPC「ESPRIMO」では省スペース液晶一体型モデル「ESPRIMO K557/R」のデザインを刷新。対面への排気を避けたエアフロー設計や、光学ドライブの前面装備など、使いやすさを向上させた。液晶サイズは標準の19.5型から23.8型へカスタマイズできる。

ワークステーション「CELSIUS」では、Intel Xeon E3-1200 v6/E3-1200 v5ファミリーを搭載したミニタワーモデル「CELSIUS W570」を新規提供。従来モデル比で約30%の体積削減を果たしながら、Pascal世代のQuadro系グラフィックスカード「NVIDIA Quadro P4000」が搭載可能となっている。

OSは標準でWindows 10 Creators Updateを搭載するが、Windows 7 ProfessionalおよびWindows 8.1 Pro搭載モデルも、Windows 10 Proからのダウングレードとして全モデルで提供。また、最大25%減の価格改定を行った「働き方改革支援モデル」も3機種提供する。

ラインナップは下記の通り。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索