パナソニックら自動運転車両走行の実証実験 - 鉄道廃線跡を活用

パナソニックら自動運転車両走行の実証実験 - 鉄道廃線跡を活用

福井県と永平寺町、パナソニックは共同で、旧京福電気鉄道永平寺線の廃線跡「永平寺参ろーど」にて、今年10月から自動運転車両走行の実証実験を進めている。11月17日まで「永平寺参ろーど」の一部で自動運転技術の検証を目的とした実証実験を行い、2018年度には「永平寺参ろーど」全線で自動運転車の走行実験を行う。

「永平寺参ろーど」は福井県永平寺町内の旧京福電気鉄道永平寺線の廃線跡を整備した全長約6kmの遊歩道(町道)で、えちぜん鉄道永平寺口駅から大本山永平寺までを結ぶ。福井県・永平寺町は国の地方創生拠点整備交付金を活用し、「永平寺参ろーど」を自動走行実証実験用のオープンラボと位置づけて整備。沿線に少子高齢化が進行している集落もあり、福井県・永平寺町では今回の実証実験を通じて「鉄道廃線後の交通手段確保など、地域の課題やニーズに対応できる自動走行車の有効活用について検証」するとしている。

パナソニックはこれまで同社内の車両試験場(神奈川県横浜市)や京阪奈地区構内(京都府精華町)、門真地区構内(大阪府門真市)で自動運転技術の検証を重ねてきたという。今回初めて公道に準じた環境で実証実験を行う。自動運転走行システムの検証に加え、自動運転EVコミューターの実用化に向けた有効活用の検証も行い、11月17日まで自動運転EVコミューターを「永平寺参ろーど」の一部で走行させる予定。さまざまな環境での自車位置測定やカメラ検知などの動作検証、障害物の回避や道路脇からの歩行者侵入に対する適切な制動検証、クラウドサーバーを使用した車両管制システムの動作検証も進める。

次年度の実証実験は2018年4月から2019年3月末日まで不定期で実施する予定。「永平寺参ろーど」全線で自動運転車の走行実験を行い、自動運転技術とモビリティサービスの実用化に向けた検証を行う。今回の実証実験の実施にあたり、「福井県、永平寺町、パナソニックは、自動運転技術の向上と、地域社会に貢献する新しいモビリティサービスの実現に向け協力してまいります」と発表している。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索