一体型VRヘッドセットを発表したHTC、Daydream版はキャンセル

一体型VRヘッドセットを発表したHTC、Daydream版はキャンセル

11月13日に台湾のHTCがスタンドアロン型のVRヘッドセット「Vive Focus」を中国市場向けに発表した。その一方で、同社はGoogleのVRプラットフォーム「Daydream」を採用した製品の開発プロジェクトをキャンセルした。Google VRを率いるClay Bavor氏がTwitterで明らかにした。

Vive FocusはプロセッサにQualcommのSnapdragon 835を採用、ディスプレイはアクティブマトリクス式有機EL (AMOLED)。6DOF (6軸自由度)のモーションセンサー、ステレオカメラを内蔵し、外部センサーを用いることなく、装着したユーザーの動きを認識したVR体験を実現する。

今年5月にGoogleがスタンドアロン型のVRヘッドセットにDaydreamプラットフォームを拡大する計画を発表した際に、HTCとLenovoによる採用製品の登場が予告された。しかしながら、HTCはVive WaveにDaydreamではなく、「Vive Wave」という独自のプラットフォームを採用する。HTCがDaydream版をキャンセルした理由をBavor氏は明らかにしていないが、HTCは同社のVRアプリストア「Viveport」でVive Focus向けのアプリも提供する計画だ。

Bavor氏によると、Lenovoとのプロジェクトは順調に進んでいるという。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索