バッファロー、新デザインでコンパクトになったUSB 3.1外付けHDD

バッファロー、新デザインでコンパクトになったUSB 3.1外付けHDD

バッファローは11月22日、USB 3.1(Gen.1)対応の外付けHDD「HD-LDU3-A」シリーズを発表した。1TB / 2TB / 3TB / 4TBの4モデルに、それぞれブラックとホワイトの2色を用意。ブラックを12月上旬、ホワイトを2018年1月下旬より発売する。価格(税別)は1TBが12,200円、2TBが15,600円、3TBが18,900円、4TBが23,400円(各カラー共通)。

新デザインを採用し、内部構造を見直すことで、従来モデルと比較して26.5%の小型化を達成。内部の空間を減らして熱伝導率の低い空気層を削減するとともに、放熱性能を向上させファンレス設計となった。音漏れの原因となる通気孔も排除しており、HDDには振動を抑える防振用シリコンゴムを装備。本体の底面にはゴム足を設置するなど、共振を遮断して駆動音を低減する工夫が施されている。

HDD故障予測サービス「みまもり合図」にも対応。クライアントソフトをインストールしたWindowおよびMac環境において、動作異常を検知・通知し、突然の故障によるデータ消失を未然に回避する。また、バッファローの正規サービス「データ復旧サービス」にも対応。保存データを消失してしまっても、保証期間内であれば軽度の論理障害は無償で修復してくれる。保証期間は1年間。

リビングにあるTVとの接続も考慮し、LEDアクセスランプを側面後方に配置。LEDの光がTV視聴を妨げないよう配慮した。インタフェースはUSB 3.1(Gen1)。縦置きと横置きの両対応で、本体サイズはW114×D171×H33mm、重量は900g。対応OSはWindows 7 / 8.1 / 10、Mac OS X 10.11以降。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索