鉄道トリビア 第439回 鉄道業界の一部に深刻な「平成30年問題」が起きていた

鉄道トリビア 第439回 鉄道業界の一部に深刻な「平成30年問題」が起きていた

コンピューターが不具合を起こすといわれた「2000年問題」をきっかけに、「●●年問題」という言葉が定着したように思う。たとえば「2007年問題」として「団塊の世代の一斉退職」、「2011年問題」として「テレビの地上波放送のデジタル化」、「2012年問題」として「都心の大型オフィスビル建設による空室供給過剰」などがある。

さらに「2018年問題」として「少子化による大学経営危機」、「2025年問題」として「団塊の世代が後期高齢者となり、医療や社会保障費が激増」あるいは「昭和100年となり、昭和2ケタを継続して扱うコンピュータシステムの不具合」が懸念されている。このように、「●●年問題」はあらゆる分野で使われるけれど、実際にはそれまでに対応され、実害は少ないようだ。「●●年問題」は予言の言葉として機能している気がする。

ところで現在、鉄道業界の一部で「平成30年問題」が起きていることをご存知だろうか。こちらも対策しないと不便なことになる。「2018年問題」ではなく「平成30年問題」である理由は、「硬券きっぷの日付刻印機で『平成30年』を打てなくなる問題」だから。

硬券きっぷとは、昔ながらの厚紙のきっぷだ。現在は「軟券きっぷ」といって、自動券売機でロール紙を切って発行するタイプが主流だし、大都市などでICカード乗車券が普及したため、きっぷそのものを見る機会も少なくなった。しかし、静岡県の岳南鉄道のように、現在も硬券きっぷを販売する会社がある。大手私鉄やJRでも、「懐かしいアイテム」として記念きっぷに使われる事例もある。

きっぷを販売するときには発券日が記載される。硬券きっぷを発行する場合は次のような手順になる。あらかじめ印刷されたきっぷを取り出し、手に持ったまま小さな機械に通す。するとガチャンと音がして、きっぷの端に日付が入る。平成29年12月30日の場合、「29.12.30」という6桁の数字だ。この日付を入れるための小さな機械を「ダッチングマシーン」という。
○十の位の「3」がない!

「平成30年問題」とは、このダッチングマシーンが平成30年に対応できない問題だ。年の部分の十の位に「3」がない。だから平成30年以降の年を刻印できない。ダッチングマシーンのメーカーがアフターサービスで対応すべきところだろうけど、すでにダッチングマシーンの製造・販売から撤退しているという。かつては全国の駅の常備品だったけれど、自動券売機が普及した現代では採算に合わない。無理もないことだ。

記念きっぷの中にはダッチングマシーンの使用をあきらめ、市販の日付印で代用するなどの対応が行われることもあるようだ。しかし、まだ硬券を常用している会社にとっては、いったん手を離して日付印を押すより、さっと日付を刻印できるダッチングマシーンを使い続けたい。きっぷ券売機だけでは足りず、繁忙期に窓口できっぷを販売するなど、まだまだダッチングマシーンを使っている駅はある。

そこで、現在も硬券きっぷを製造し、鉄道会社に納入している「関東交通印刷株式会社」が、ダッチングマシーンを製造していた「天虎工業株式会社」と2016年にライセンス契約を結び、交換用の「数字ホイル」を製造している。ただし、ダッチングマシーン本体の製造販売は行っていない。現在使用中のダッチングマシーンのみ対応する。岳南鉄道も関東交通印刷に対応してもらったそうだ。

しかし、ここで筆者には疑問が湧いた。

「そもそもなぜ、年の十の位に3がないのか」

市販のダイヤル式日付印機やナンバリングマシンを見れば、どのダイヤルにも「0」から「9」までの数字が入っている。ダッチングマシーンの他の桁にしても「0」から「9」まである。どうして年の十の位だけ「3」がないのか。昭和は64年まであった。当時の機械なら少なくとも「6」まであったはずではないか。

関東交通印刷に聞いてみた。

「日付印字の数字ホイルですが、年月日のそれぞれ2桁、合計6輪で1輪ずつ回して日付を合わせます」

たしかに。ダイヤル部分の数字がある部品は「数字ホイル」というそうだ。

「年の十の位は10年間、回すことなく硬券に打刻します。そのため、他の桁より使用頻度が高くて摩耗が進みます」

ああ、そうか。紙に打つとしても、少しずつ摩耗していくわけだ。

「そこで、摩耗してもホイルを回して同じ数字を表示することで、ホイルの交換をしないで済むようにしたのです」

なるほど!

たしかに日付印の場合、桁によって稼働日が異なる。日の一の位は年間で約36日、日の十の位は「1」「2」が約120日で「3」が約18日、これに対し、年の一の位は約365日そのままだし、年の十の位は10年間も使い続けるから、約3,650日にもなる。1日に何枚もきっぷを売るから、使用回数はもっと大きくなるだろう。年の十の位は他の位と比べて使用回数がはるかに多くなる。まさに「桁違い」だ。

「摩耗に関しては、おそらく10万枚くらいは持つと思います」と関東交通印刷の担当者は言う。しかし、毎日、何回も使う機械だ。回数を重ねれば到達してしまう数字である。年の十の位の数字はとくに摩耗が早いだろう。1日に100回使ったとして、10年間で約36万5,000回だ。そこで「0」から「9」までの1文字ずつではなく、10個の枠にたとえば「1・1・1・1・2・2・2・2・-・-」などを入れた。「-」は1桁のみの年に使う記号だ。

関東交通印刷によると、天虎工業製のダッチングマシーンは昭和40年代から製造されたため、年の十の位は「4・5・6・1・2」の数字を使ったモデルしかなかった。昭和50年代は「5・6・1」しかないモデルもあり、「平成20年問題」もあったという。昭和末期に「2」を組み入れたモデルも出たけれど、「3」を組み込んだ製品はもともとなかった。平成30年になって、まだ硬券が使われているとは予測できなかったのかもしれない。

鉄道業界の「平成30年問題」は関東交通印刷が解決してくれた。よかったよかった。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索