ダイソンの空気清浄ファン「Dyson Pure Cool」で考える、空気と生きるということ

ダイソンの空気清浄ファン「Dyson Pure Cool」で考える、空気と生きるということ

●空気への意識が高まる
ダイソンが2018年4月に発売した「Dyson Pure Cool 空気清浄ファン」。もとは2009年に羽のない扇風機「Air Multiplier」として登場したものですが、2015年にフィルターを装備し、空気清浄機能を兼ね備えた初代「Dyson Pure Cool」がデビューしました。

ここ数年「Dyson Pure Cool」シリーズは、ヒーターを搭載した亜種など、改良版が毎年発売されていますが、今回は本体の構造ごと見直され、大きく変貌を遂げました。そこで「Dyson Pure Cool 空気清浄ファン」の特徴と、自宅に3週間ほど設置して実際に試用してみた所感をまとめてみたいと思います。

○本体にディスプレイを搭載した

今回発売した「Dyson Pure Cool 空気清浄ファン」(以下Dyson Pure Cool)のラインナップは、背が高いタワーファンと、空気の放出口が丸いテーブルファンの2機種。空気清浄の目安は、いずれのモデルも30分で12畳。60分の場合はタワーファンが34畳、テーブルファンが36畳となっており、ともに従来モデルより性能が向上しています。

見た目からわかるように、Dyson Pure Coolにおけるもっとも大きな進化ポイントは、カラー液晶ディスプレイの搭載です。微粒子(ホコリ)、有害ガス・ニオイ、温度・湿度を検知する3つのセンサーで室内の空気状態をチェックして、リアルタイムにディスプレイ上で表示することが可能になりました。

従来製品でも空気の状態は、AndroidとiOSに対応したスマホアプリ「Dyson Linkアプリ」を通じて確認可能でした。もちろん、スマホ連携機能はDyson Pure Coolでも引き継がれていますが、空気の状態を本体側でも一目で確認できるようになり、空気清浄の効果をより実感しやすくなりました。

しかし使用して気になったのは、液晶ディスプレイに表示できるのが、室内の空気質(AQI)、粒子状物質(PM 2.5)、粒子状物質(PM 10)、VOC(揮発性有機化合物)などの項目のうち、1項目だけであること。ディスプレイに表示されていない項目を知りたい場合は、リモコンを使用して、表示を切り替えなければなりません。空気の状態が本体から確認できるようになったのは喜ばしいことですが、リモコンで切り替える必要があるのは少々手間。めんどうになり、次第にあまり画面をチェックしなくなってしまったというのが正直なところです。

それとは反対に、スマホアプリの画面を定期的にチェックするのがいつの間にか習慣になっていきました。というのも、アプリ側では時系列に従い、空気の状態が変化していく様子を折れ線グラフの表示で確認できるからです。窓を開けたり、掃除をしたり、料理をしたりといった室内の状況に応じて空気の質が変化していく様子が手に取るようにわかり、空気に対する感度と意識が知らないうちにアップしていきます。オート設定をしていると、空気の状態に合わせて本体側の風量が自動で変わり、空気が浄化されていく様子もアプリに記録されます。空気清浄機能がしっかり働いているとわかってうれしくなりますね。

○細かい心遣いがうれしい

Dyson Pure Coolにおけるもう1つのハード的な進化点は、「ディフューズドモード」の追加。風を本体正面ではなく、本体後方の開口部から風を送り出すことができる機能で、冬場の使用時に「風が当たって寒い」という問題が解消されました。この機能を実現するため本体の送風部分には、空気の流れを後方に誘導できる「バルブ機構」が採用されています。

○サーキュレーターとしても進化!

首振り角度の範囲も拡大し、サーキュレーターとしての実力もアップしました。45度、90度、180度、350度の4段階で設定が可能になり、ピンポイントでの集中送風から広範囲での空気の攪拌まで対応します。ダイソンの扇風機は羽根で風を巻き起こすのではなく、本体下側から吸い込んだ周囲の空気を増幅させて、風を勢いよく送り出す仕組み。直進的な風が特徴の1つでもありますが、首振り範囲が広がったことと掛け合わせてより風が拡散するようになりサーキュレーターとしての優秀さを感じました。

<mov02>首振り角度を350度で設定したときの様子

○空気清浄の仕組みは?

空気清浄の仕組みは、本体下部へ360度にわたって配置された小さな穴から吸い込んだ空気を、フィルターを通してろ過して送り出すというもの。フィルターは外側から順にグラスHEPAフィルター、活性炭フィルターの2種類を装備。グラスHEPAフィルターは、従来よりも厚く表面積が増したうえ、HEPA材も6割増しとなり、PM0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去する能力を持ちます。活性炭フィルターも含有する活性炭の量が3倍以上になり、有害なガスの吸着能力が向上しているとのこと。

リビングに3週間設置したあとでフィルターを確認したところ、外側は結構ホコリが吸着していたので、交換目安時期である1年後はどれほど汚れているのかと想像が膨らみます。

●扇風機のオマケだと思っていた空気清浄機能
○半信半疑だった空気清浄の実力

正直いうと、筆者は2015年に初代「Dyson Pure Cool」が登場して以来、空気清浄機能については半信半疑なところがありました。というのも、空気清浄能力を表すスペックの基準を、国内メーカーは8畳を清浄できる時間で示しているのに対して、ダイソンは30分または60分で清浄できる畳数で示しており、比較がしづらいためです。うがった見方をすると、空気清浄スピードが遅いと捉えることもでき、一度に空気を取り込める量が少ないのではないかと懐疑的でした。

そのため、空気清浄機能はあくまでファンの「オマケ」という認識だったのです。ところが今回、アプリや本体ディスプレイを通じてモニタリングをしてみると、キッチンに面したリビングで調理をしたり、窓を開けたり、人が出入りしたりすることで生じる空気状態の変化に応じて、Dyson Pure Coolが反応して空気をキレイにしていく様子を確認することができ、認識を新たにするきっかけになりました。

スマホアプリには空気のモニタリング機能以外に、本体をリモート操作する機能も備えています。在室時はもちろん、インターネットを通じて外出先からも操作可能です。例えば室内の温度と湿度が高温多湿な状態になったときは、遠隔操作で風量を上げ、首振り機能をオンにすることができます。不在時にも風を循環させれば湿気予防やカビ対策になりますし、有効に活用できますね。
○改めて感じたダイソンの「本気」

羽根のない扇風機からスタートし、空気清浄機としても進化を続けるダイソンの空気清浄ファン。1台2役というと中途半端な製品になりがちですが、Dyson Pure Coolはむしろ相乗効果が期待できる製品。「ディフューズドモード」というほかにはない新たな機能を盛り込むなど、他社の空気清浄機と比べても一歩リードし、ダイソンの「本気」を感じる製品です。

直販価格はタワーファンが72,144円(税込)、テーブルファンが59,184円(税込)と、決してお安いとはいえません。ですが空気清浄機を兼ねたサーキュレーター/ファンだと考えると、妥当な線ではないでしょうか。家のスペースの都合で、空気清浄機と扇風機を別々に置けないという部屋のニーズも満たします。今すぐにでも「欲しい!」という気持ちになりました。また、部屋を暖かくする温風機能を備えた1台3役という製品の登場も期待していますね。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索