家路に通勤路に旅路の先にバスがある--彼らが相棒にバスを選んだわけ

家路に通勤路に旅路の先にバスがある--彼らが相棒にバスを選んだわけ

●バスをキャンピングカーに変身させるまで
バスは移動手段。滞在するとか暮らすとか、いわんやオフィスだとかは縁遠い存在だろう。しかし、そんなバスをハブとして、旅をしながら旅を仕事にしている会社がある。彼らにとっては、バスは家であり、オフィスであり、旅の相棒だ。そんな「ON THE TRIP」のバスの秘密を聞いてみた。

○旅をしながらコンテンツを生み出す

「ON THE TRIP」は2016年11月に設立された会社であり、現在はトラベルオーディオガイドアプリ「ON THE TRIP」を通じて、旅の体験をふくらませる事業を展開している。「ON THE TRIP」はTABI LABO創業者の成瀬勇輝氏とコピーライターの志賀章人氏をメインメンバーとなり、「旅を仕事に」を共通項として出会った仲間たちが今、ひとつ"バスの中"で同じ夢を抱いている。

「ON THE TRIP」が大事にしているのは、いわゆる情報だけではなく、その土地が持つ歴史や文化とつながる体験そのもの。スマートフォンを通じて旅先で「スポットガイド(0円〜)」をダウンロードし、観光スポットの見どころをGPSと連動しながら"その場で"ガイドすることで、記憶に残る旅体験を促す。多言語(日本語、英語、繁体字、簡体字)で展開することで、訪日外国人も巻き込んだアプリとなっている。

アプリ「ON THE TRIP」のコンテンツは、旅を続けながら生み出している。その地を踏んで展望し、人々と土地との出会いを通じて、その地に根付く物語と心に残った物語をつむぎ出す。現在は東京・千葉・京都・奈良・沖縄(まもなく公開予定)等のコンテンツがあり、2018年6月現在、富士山コンテンツを製作中。次なる目的地は伊勢だ。その次を志賀氏に尋ねると、「僕たちが行きたいところ」という回答。「ON THE TRIP」が意味する"旅の途中"とは、そういうことなのだろう。
○青年「ハンク」に憧れて

ではなぜ、「ON THE TRIP」の相棒にバスが選ばれたのか。それは、「ON THE TRIP」のビジョンに合致する存在だからということだが、その根底には、「青年『ハンク』は中古のスクールバスを買って旅に出る」というGIGAZINE(ギガジン)の記事を読んで生まれた憧れがあったという。

その想いを受け止めてくれたひとりが、夜行バス「VIPライナー」等を展開する平成エンタープライズの田倉貴弥社長。400台以上のバスを抱える大企業として、「バスで物語を作ろうとしている若者に、バス会社が協力しなくてどうする」という言葉とともに、バス1台を無料で提供してくれたという。バスの提供のみならず、バスの運転方法、工具やガレージの提供、さらには、改造費のサポートやパーツの相談にものってくれ、田倉社長との交流は現在も続いている。

そうして選ばれたのが、トヨタのマイクロバス「コースター」だが、バスはバス。そこには席が並び、居住空間やオフィス空間は設けられていない。そもそも、バスは普通免許では運転することができない。そのため、「バス」から「キャンピングカー」に変更する必要があった。また、結果的にそうなったという程度の意識だったようだが、バスよりもキャンピングカーの方が車検頻度が少なく、ちょっとだけ税金が安くなるようだ。

○バスの中に寝室をつくる

キャンピングカーにするためには、規程に合致した就寝設備や水道設備及び炊事設備等を供える必要があった。また、バスにはオフィスいう役目も兼務するため、打ち合わせができるデスクや、パソコンやプロジェクターや冷暖房等をまかなえるだけの電力、冷暖房などの快適な空間等も妥協できない。

そうした機能を備えつつも、目指したのは青年「ハンク」のようなバス。とは言え、青年「ハンク」は建築学を専攻していたが、「ON THE TRIP」のメンバーは全員DIY初体験ということもあり、手探りでの作業となった。

バスから不要な座席や床、天井をノミではがし、設計図を作成してホームセンターへ。実際はもっと複雑な計算が必要だったらしく、ホームセンターの方が親身に相談にのってくれたおかげで、正確な設計図と必要な材料がそろったようだ。

限られた空間を有効活用するために、収納ボックス付きのベットを左右に設置し、ふたり分の"寝室"を作成。そのベットの上に板を載せれば、3人が雑魚寝できるキングサイズにすることもできる。

続いてはキッチン。キッチンはキャンピングカー申請のための必須項目のため、「料理しないからいいや」というわけにはいかない。

●制作費約140万円の内、約118万円を占めたのは……
キャンピングカー仕様に必須のキッチンは、規程の広さを確保すると共に、「キッチンといえばタイル」というイメージからタイル張りの作業が加わった。また、水道においても、自家製スイッチでタンクから水を吸い込む蛇口を作るなど、こだわりは止まらない。「実際、あまり料理はしない」とのことだが、仕事の小休止に欠かせない一杯も、このキッチンで作れば一層おいしいだろう。

バスの塗装は当初、業者にお願いしようとしていたものの、見積もりで30万円と言われ、「だったら自分たちでやってみよう」ということに。デザインそのものは、「ON THE TRIP」のガイドの表紙デザインなども手がけるデザイナーにお願いし、養成シールやヤスリ、塗装スプレー等はホームセンターで調達。結果、3万円で完成した。

○オフィスたるもの自給自足の電力を

実際、バス作りにかかった費用は約140万円だったが、実はその約118万円は電気まわりにかかったという。「パソコンやプロジェクターや冷暖房等をまかなえるだけの電力」としてソーラー発電を構想したものの、そもそもソーラーパネルやリチウム電池がどこで買えるのかも分からない。

そこで、業者に手当たり次第電話をし、配線等プロの技術を要するところは業者にお願いした。バスのトップには巨大な薄型ソーラーパネルが取り付けられているのだが、接着には両面テープが使用されている。

1日の消費電力量を算出したところ2,230Wとなったため、雨の日は発電できないこと等を加味し、1日の消費電力量の3倍(2,230W×3)である6,690Wを発電できるサブバッテリー(リチウム電池)を選択。結果から言うと"パワーがありすぎる"環境らしく、ほぼ常時、充電率100%とのこと。「スマホの充電スポットとか、『あなたに電気をお届けします』みたいなこともできたらいいな」と志賀氏は話す。

結果、2016年12月から2017年6月までの約半年、時にはプロの手も借りつつも、基本的には自分たちの手で、バスは「ON THE TRIP」を象徴する"メンバー"となった。

では実際、バスライフ&オフィスはどんなものだろうか。今度は、バスでの過ごし方を聞いてみた。

●シェアハウスからバスライフへ--北から南へ”引越し”の日々
○最低限の荷物と設備だけでも十分

バスにはその時々によってメンバーが加わる場合があるが、基本的に「ON THE TRIP」のメインメンバーである成瀬氏と志賀氏のふたりが過ごす空間となる。成瀬氏は営業を含めた事業全般を、志賀氏はコンテンツの制作を担っている。各自の仕事にあわせ、お互いそれぞれのリズムで共同生活をしているが、帰ってきたら「おつかれっす」「うっす」と言い合い、軽く打ち合わせをし、一緒の時間に就寝することを習慣にしているようだ。

左右に設けられたベット兼収納エリアは各自の空間となるが、それ以外はシェア空間となる。さらに、各自収納ボックスがあるとは言え、限られた空間ゆえに多くの所有物は維持できない。志賀氏はバスライフを始める前、シェアハウス暮らしだったこともあり、特に違和感や戸惑いはなく、いい意味でお互いの距離感を保てていると話す。

また、学生時代の半年間にわたるバックパッカー生活から始まり、シェアハウスからシェアハウスへと引越しも多かったため、自然と所有物が厳選されていったという。実際に収納ボックスを見せてもらったが、中にはバッグや少しの衣類、そして、常備薬がある程度。冬でもサンダルなのは、「靴下を持ちたくないから」という理由からだ。

その一方で、本はたくさん持っている。本と言っても、全部PDF化した上でipadに入れているというもので、今のこの生活の中で大活躍している存在だとか。「どこでも読みたい時に読めるし、資料としていつでもどこでも検索できる。またひとつ、荷物が少なくなったなぁと感じるところ」と話す。

寝室やキッチンはあるものの、バス内には洗濯機やトイレは設置していない。そのため、バス移動の際には駐車できる空間の確保の次に、トイレやコインランドリー、スーパーを探す必要がある。そんな"開拓"も、旅をしながら生きる・働くことの醍醐味だろう。

ちなみに、駐車エリアはその都度、取材先から提供してもらっている。バスライフ初の冬越えとなった2017年冬は奈良で迎えたようだが、寝袋に身を包んでもなかなか暖がとれず、駐車場を提供してくれたお寺の住職さんがストーブを貸してくれたという。奈良の次の目的地が沖縄だったのは、「暖かいところに行きたい」という思いもあってのことだ。
○時には富士山を見上げながら

目的地への移動はもちろん、バスを運転して行く訳だが、沖縄までの道には海がある。そのため、奈良から大阪の大阪南港に向かい、そこからバスだけ船旅へ。マイクロバスほどの大きさになると、送料に片道20万円もかかることが判明し、バスを置いていくことも考えたようだが、「バスで行くことに意味がある」ということで、バスは沖縄の地を踏むことになった。

取材時の5月は道の駅富士吉田の駐車場が"ベース"となった。見上げれば富士山という絶景かつ、すぐ側には持ち帰り無料の富士山天然水も湧いている。日の光で目を覚まし、時には星空を眺めながら眠るという、自然の中で生きることを実感する毎日だという。

強いて言うならでの悩みとしては、インターネット環境の確保だ。現在はポケットWi-Fiを使っているが、彼らの行く先ではほとんど電波が入らない。仕方なくスマホのテザリングを使っているが、1カ月で30GBを使い果たすこともあるそうだ。バスそのものにWi-Fi機器を設置してみてはと提案したところ、「どうやってやるんだろう。旅先でそれをやっているバス仲間に出会えたらやり方を聞いてみたいな」と志賀氏。

現在、バスは「ON THE TRIP」のハウス兼オフィスとなっているが、バスホテルとしてここぞという絶景ポイントなどに設置し、誰でも泊まれて「ON THE TRIP」の旅を追体験できるようなプロジェクトも構想している。今後、このバスがどんな旅を生み出してくれるのかにも期待したい。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索