リトルプラネット初の常設テーマパークが埼玉に--デジタルボールプールも

リトルプラネット初の常設テーマパークが埼玉に--デジタルボールプールも

プレースホルダは7月11日、「リトルプラネット ららぽーと新三郷」を、ららぽーと新三郷(埼玉県三郷市)にグランドオープンする。

「リトルプラネット」は、子どもの創造力を鍛える屋内型の体験型知育デジタルテーマパーク。AR砂遊びの「SAND PARTY!」や、デジタル紙相撲「PAPER RIKISHI」といった、ファミリー向けのアトラクションを多数用意している。

同施設は、「リトルプラネット」初の常設型パークで、テクノロジーと自然の共存をイメージしたデザインを採用。約160坪の敷地に13のアトラクション(オープン時)を用意するが、そのうちの6つのアトラクションは同施設初公開のものとなる。

新アトラクション「ZABOOM」は、3万個以上のボールにセンサー10台、プロジェクター8台を使用した触覚・視覚・聴覚を刺激するデジタルボールプール。プロジェクションマッピングされたプールは幻想的な空間で、心揺らぐ音楽とともに思いきりボール遊びができるという。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索