古き良きタイプライター風キーボードに無線タイプが登場

古き良きタイプライター風キーボードに無線タイプが登場

パソコン 工房AKIBA STARTUPは6月15日、タイプライターを模したキーボード「Azio Retro Classic Bluetooth Win/Mac」の展示を開始した。展示期間は6月30日まで。米Azio社製のキーボードで、輸入代理店はOffice-GHが務める。

Azio Retro Classic Bluetooth Win/Macは、ノスタルジックな雰囲気を醸し出すタイプライター風のメカニカルキーボード。WindowsとMacのどちらでも使用でき、Bluetootによる無線接続とケーブルによる有線接続に対応する。

Office-GHは2017年にクラウドファンディングサイト「Makuake」にて、有線接続でWindowsのみに対応したタイプライター風のメカニカルキーボード「Azio Retro Classic」の支援金を募り、販売を行った。そのときに、WindowsとMacの両方で使用でき、Bluetooth接続にも対応したものが欲しいというユーザーの要望があり、今回Azio Retro Classic Bluetooth Win/Macを販売するはこびとなった。

Azio Retro Classic Bluetooth Win/Macの色は「EL WOOD」「Artisan」「POSH」「ONYX」の4色。EL WOODのトッププレートには木材、Artisan、POSH、ONYX
のトッププレートには天然木材を採用し、フレームには4色共通でアルミニウム合金を使用。4段階で調整できるバックライトLEDは、各キーの中央に来るよう配置している。本体色は「EL WOOD」「Artisan」「POSH」「ONYX」の4色を用意した。

パッケージにはWindows用キーキャップとMac用キーキャップが付属し、ユーザーの使用環境に応じて変更可能。本体には6,000mAhのリチウムイオンバッテリを内蔵し、バックライトオフ状態で約1年間、バックライトオン状態で1カ月から3カ月使える。

PCとの接続方法は、Bluetooth(レシーバーは付属しない)か、USBケーブルによる有線接続。本体側のインタフェースはUSB Type-C。キーボードは日本語配列で、変荷重は50±10gf、アクチュエーションポイントは1.6mm±0.5mm、キーストロークは3.6mm±0.3mm。Nキーロールオーバーは6キーまで対応。本体サイズはW455×D147×H40mm、重量は1,588g。

なおAzio Retro Classic Bluetooth Win/Macは2018年6月29日まで、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて支援金を募集する。目標金額は500,000円で、6月15日の時点で既に2,316,781円を集めている。一般販売予定価格は39,800円(税別)だが、6月15日現在は30,088円(税込)で購入可能だ。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索