JR東海「そうだ 京都、行こう。」長塚京三さん最後のナレーション

JR東海「そうだ 京都、行こう。」長塚京三さん最後のナレーション

JR東海は9日、今年で25周年を迎える「そうだ 京都、行こう。」の2018年秋キャンペーン「盛秋編」を開始し、10月13日から新CMを放映すると発表した。25年前のキャンペーンスタート時から一度も変わることなくナレーションを務めてきた、俳優の長塚京三さん最後の作品となっており、25周年特設サイトとYouTube公式チャンネルにて、長塚京三さん最後のナレーション現場に密着したCMメイキング映像を公開している。

25周年を迎える2018年秋キャンペーン「盛秋編」の舞台は、紅葉の名所である古刹「酬恩庵 一休寺(しゅうおんあん いっきゅうじ)」。一休さんのモデルとなった高僧一休宗純が88歳まで過ごした終の住処としても知られる。

CMのメイキング映像では、今回で最後となる長塚京三さんのナレーション現場に密着。数分の打ち合わせの後、すぐにCMのイメージに寄り添うナレーションを乗せるという、25年間務め上げてきたからこそのプロフェッショナルな仕事ぶりを見ることができる。収録後、JR東海から25年間の感謝の気持ちと、これからも京都を楽しんで欲しいとの思いを込めた花束を贈呈し、長塚さんも笑顔で応えたという。

また、25周年特別企画として、スパイラル・行幸地下ギャラリー・東京サンケイビル ブリックギャラリーにて「そうだ 京都、行こう。」25周年記念ポスター展を10月9日から順次開催。その他、SNSでの歴代作品公開など、さまざまな企画が実施される。


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索