Windows 10ミニTips 第417回 Windows 10の通知を見落さない

Windows 10ミニTips 第417回 Windows 10の通知を見落さない

「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

○アクションセンターで確認するか、通知時間を調整する

筆者が鈍いのかも知れないが、以前は“トースト通知”などと呼ばれていたWindows 10の通知を見落とすことが増えてきた。通知をタップすれば、元となるアプリが起動する。さらにアクションセンターで後から確認することも可能だ。

ただし、アクションセンターに列挙される通知は未操作に限られる。アプリを起動するために押したつもりが、矢印アイコンを押してしまい、通知を閉じてしまうこともあるかもしれない。

加えて、通知は5秒後に閉じてしまう設定だ。スマートフォンにおける通知のように、確認するまで閉じない設定はできないが、通知の表示時間を調整することは可能である。

上記で示したような通知の表示時間は5、7、15、30秒、1、5分の刻みで選択できるため、筆者のように短く感じる方は15秒ほどに設定すると、通知機能の利便性が向上するだろう。

阿久津良和(Cactus)


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索