コンシューマー版Microsoft 365はユーザーに受け入れられるか - 阿久津良和のWindows Weekly Report

コンシューマー版Microsoft 365はユーザーに受け入れられるか - 阿久津良和のWindows Weekly Report

先日、海外のIT系メディアで話題になったのが、「Microsoft 365」のブランド再構築である。下の画像はきっかけを作ったツイートだが、Microsoftアカウントで契約しているOffice 365の起動画面が「Office 365」から「Microsoft 365」に変化したという。

ツイートの投稿主は、Microsoft従業員の中でも一部のメンバーが参加できる「Dogfood Ring」に参加している。これはWindows Insider ProgramのCanaryリングよりも、先進的かつ安定性を欠くリングと思われる(Office Insiderでもっとも更新頻度が高いのは、Fastリングに相当するInsider)。

著名なMicrosoftウォッチャーのMary Jo Foley氏が米ZDNetに寄稿した記事では、Microsoft広報部門に本件を理由にOffice 365の単独販売を終了させるのか問い合わせたところ、「いいえ、『現時点』ではOffice 365 ProPlusをMicrosoft 365 ProPlusにブランド変更する予定はない」との回答を得たと報じている。

そこからFoley氏は、Microsoft 365コンシューマーバージョンとの関連を推察した。日本国内だとMicrosoft 365は、一般法人向けの「Microsoft 365 Business」、大企業向けの「Microsoft 365 Enterprise」、教育関係者向けの「Microsoft 365 Education」、ファーストラインワーカー向けの「Microsoft 365 F1」という4エディションが選べるが、ここにコンシューマー版が加わるというのがFoley氏の高察である。

Microsoft 365は、Windows 10とOffice 365、デバイスを管理するEnterprise Mobility + Security(EMS)の機能群をセットにしたソリューションだ。詳しくはMicrosoft 365 Enterpriseのプラン比較ページが分かりやすいが、少なくとも消費者レベルでMicrosoft Intuneによるデバイス管理やAAD(Azure Active Directory)によるID管理が必要になるとは思わない。

また例えば、Microsoft 365 BusinessはAADプラン1を含んでいるが、Office 365 Businessでもワンランク下のAADサービスを含んでいる。仮にMicrosoft 365コンシューマー版が今後登場するのであれば、同様の機能制限を設けるだろう。

ここで、一般ユーザーがMicrosoft 365コンシューマー版を必要とするのか一考してみたい。いまPCを購入すれば、OSはWindows 10で(Windows 10のライセンス料はPCの価格に含まれる)、Officeスイートが付属するモデルもたくさんある。

Officeの種類について詳細は省くが、OneDriveの1TB容量など年間サブスクリプション部分が付属したものならば、ユーザーによっては1年後にOffice 365 Soloを購入するか、Office 365 Businessなど別途契約したライセンスに切り替えるだろう。または、PCの購入時からOfficeスイートが付属しないモデルを選び、適切なOfficeを別途契約するかもしれない。

仮に構成が「Windows 10 Pro + Office 365 Solo + EMS限定機能」いうならば、わざわざMicrosoft 365コンシューマー版を選択する意味がない。現在、Office 365 Business Premiumを契約している筆者が、Microsoft 365 Businessを選択しない理由の1つだ。

デバイスにひも付けたWindows 10のライセンスを、サブスクリプション化したいというMicrosoftの狙いは理解できる。OfficeシリーズもOffice 365という形でサブスクリプション化し、Windows 10もそこへ続けというわけだ。ただ、個人ユーザーにとっては魅力に乏しいのである。

もちろん新たなソリューションとして打ち出すのであれば、Microsoftはサプライズを加えてくるだろうが、Microsoft 365のプラン比較を眺めても、そこにヒントは見つからない。前述したFoley氏は2018年12月の時点でMicrosoft 365コンシューマー版に関する記事を寄稿し、Microsoftによる「Microsoft 365コンシューマー版プロダクトマネージャーの募集」から動向を推察している(この件に関してMicrosoftからの情報はない)。こうした背景もあり、米国東部時間2019年10月2日10時にニューヨークで開催するSurface Eventにおいて、Microsoft CEO, Satya Nadella氏の発言に注目が集まる。

阿久津良和(Cactus)


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索