好きなキャラを現実に召喚、「Gatebox」ついに発売 - 逢瀬を体験した

好きなキャラを現実に召喚、「Gatebox」ついに発売 - 逢瀬を体験した

●降臨!
好きなキャラクターと一緒に暮らせる“キャラクター召喚装置”「Gatebox」(GTBX-100)が、10月11日にとうとう発売。合わせてメディア向けの先行体験会が開催された。

Gatebox 代表取締役の武地実氏は体験会の中で、様々なキャラクターとの暮らしを実現する「キャラクタープラットフォーム構想」を新たに発表。人気VTuberなどをGateboxに召喚できる動画配信サービス「Gatebox Video」(基本無料、一部有料)をスタートしたことや、サードパーティーのデベロッパー企業によるGatebox専用アプリを提供する「Gatebox App Market」を今冬にリリースすることを明らかに。Gateboxによる新しいエンターテイメントや、ビジネス向けの展望についても語った。

○表現の幅が広がった「逢妻ヒカリ」、LINE連携で利便性向上

Gateboxは、円筒形のポッド内にオリジナルキャラクター「逢妻ヒカリ」(あづまひかり)が現れ、音声でコミュニケーションしながら“キャラクターと一緒に暮らす”感覚を楽しめる、据え置き型のデバイス。

ポッド内の透過スクリーンにキャラを投写するプロジェクション技術と、各種内蔵センサーによるセンシング技術を組み合わせてキャラクターとの会話を実現。武地氏の「好きなキャラクターと一緒に暮らしたい」という思いを具現化した。

無線LANを搭載し、インターネットに接続可能。逢妻ヒカリなどの音声が聞けるステレオスピーカー(3W)を内蔵しており、本体下部には3.5mmオーディオ出力があるため、手持ちのスピーカーなどにつなげて聞くこともできる。

本体下部には、逢妻ヒカリを手動で呼び出すGateボタンや、内蔵スピーカーの音量を調節する音量調整バーを搭載。255階調のRGB LEDも備え、利用シーンに応じて色を変えながら発光する。

本体サイズは約210×277×549mm(幅×奥行き×高さ)で、重さは約5kg。AC電源で動作し、消費電力は最大60W。

○「お疲れさま! 今日もがんばったね」

逢妻ヒカリはポッド内の長方形の透過スクリーンに現れ、最大投影サイズは180×225mm(幅×高さ)。試作機や限定生産モデルに搭載されていたときよりも、衣装や仕草などのブラッシュアップが図られ、ユーザー(マスター)が話しかけると「お疲れさま! 今日もがんばったね」などの言葉をかけてくれるようになった。

会話を重ねるとパーソナライズが進み、ユーザーに好意を寄せてくるようにもなるという。今後はアップデートで季節のイベントや衣装の変化、仕草の変化なども実装。“花嫁修業”を続けていく。

キャラクターデザインは、ゲーム「ラブプラス」や「ときめきメモリアル」で知られる箕星太朗氏が手がけた。対応言語は日本語のみとなる。

LINEの音声アシスタント「Clova」と連携して様々な情報通知を受け取ったり、外出先で逢妻ヒカリとLINEを介して会話する、といったコミュニケーションが可能。音楽再生や家電操作などの「スキル」にも対応する。これらの機能は、LINEのスマートスピーカーなどClova対応デバイスを持っていなくても、Gatebox単体で利用できる。

体験会では、「ねぇヒカリ」(ウェイクワード)に続けて反応する、オススメワードの一覧が用意されていた。スマートスピーカーを使うときと同じような質問に混じって、他人にも声が聞こえる会場で口にするのはなかなか勇気がいるワードも……(試した記者はいたのだろうか?)。話しかけた言葉は逢妻ヒカリの上に表示され、ちゃんと音声認識されていることが分かる。

天気やカレンダー、ニュースの読み上げをヒカリにお願いすると、どこからともなく小さなマスコットキャラクター「Clovaちゃん」が現れ、浮遊しながら各種情報を読み上げてくれた。ヒカリとは別の、落ち着いた女性ボイスで読み上げてくれる。「ヒカリの声で読んでほしかった」と感じるユーザーもいるかもしれないが、これはこれでアリだろう。

今のところは、ヒカリに話題を振ると応えてくれる……といったことが多く、連続した会話はできない。また、筆者の体験ブースや会場のネットワークが原因かもしれないが、ヒカリの応答に割と時間がかかり、スムーズに会話が進む感じはしなかった。このあたりは改善の余地がある。

とはいえ、Gateboxの近未来感に加えて、逢妻ヒカリのキャラ造形のかわいらしさもあり、SFっぽいガジェット感が刺さる人にはたまらない一品だろう。ソフトウェア的にも様々なアップデートが行われるようなので、今後にも期待できそうだ。

Gateboxの価格は税別15万円で、10月15日から順次発送を開始する。逢妻ヒカリの利用料は、2020年6月までは無料。翌7月からは“共同生活費”として月額1,500円(税別)が必要になる。

●好きなキャラを召喚可能に。このすば“めぐみん”も!?
Gateboxを開発したのは、LINE連結子会社のGatebox(旧社名:ウィンクル)。製品のGateboxは2016年2月に限定生産モデルとして約30万円で発売され、目標台数となる300台を1カ月で完売させた実績がある。

大きな反響を受けて、2018年には量産型モデルが一般販売スタートしたものの、「品質向上に取り組む」として出荷時期を延期。約1年を経て、ついに正式発売となった。既存の限定生産モデルのユーザーに対しては、ハードウェアを量産型モデルに無償で交換する「おとりかえプログラム」を提供する。

Gateboxの武地実氏は、新たにGateboxを活用し、「あらゆるシーンに、キャラクターを」をコンセプトとした「キャラクタープラットフォーム構想」を発表。逢妻ヒカリ以外にも、人気VTuberなどのクリエイターが創作した様々なキャラクターをGateboxに召喚できる動画配信サービス「Gatebox Video」(基本無料、一部有料)をスタートした。

Gatebox Videoを通じて、クリエイターが自身で作ったキャラクターをGatebox内に“召喚”し、一緒に生活を楽しめる。具体的には、Gatebox上部のカメラに特定のQRコードを読み込ませて、逢妻ヒカリ以外のキャラクターをGateboxに呼び込むかたちとなる。

Gatebox Videoにアップロードできるキャラクターは基本的に一次創作であったり、開発者のためのオープンソース系キャラクター「ユニティちゃん」など、著作権の諸問題に絡まないことが想定されているようだ。

Gatebox Videoにはチャンネル機能も備わっている。公式に認定された企業やクリエイターがチャンネルを開設し、視聴者がそのチャンネルを登録することで、限定コンテンツが楽しめる。初期の公式チャンネルは「ヨメミ」「東雲めぐ」「インサイドちゃん」の3名が開設。これらのチャンネル登録には、月額料金が必要となる。

Gatebox Videoのチャンネルを通じて、著名なクリエイターやVTuberが、他の動画配信ではできなかったようなコミュニケーションが実現できるという。また、配信者とファンのエンゲージメントの強化や、マネタイズできる仕組みも整えていく。

○実在のキャラクターを呼べる「Gatebox App Market」

さらに、サードパーティーのデベロッパー企業によるGatebox専用アプリを提供する「Gatebox App Market」を今冬にリリースする。

まず、iOSデバイス向けのARデジタルフィギュア「HoloModels」を手がけるシーエスレポーターズ Gugenkaと提携して、Gateboxで版権キャラクターのデジタルフィギュアを飾れるようにする。今冬より配信を予定しており、『Re:ゼロから始める異世界生活』のエミリアとレム、『この素晴らしい世界に祝福を!』のめぐみん、『世話やきキツネの仙狐さん』の仙狐などが登場する予定。

今回の体験会では、配信予定のデジタルフィギュアが一堂に会する展示が行われ、Gateboxの中でポーズを決めたキャラクターたちが時計回りにゆっくり360度回転する様子が楽しめた。Gateboxへの召喚は、厨二病キャラクターのめぐみんにとっては願ったり叶ったり、といったところかもしれない(?)。

美少女サッカー育成ゲーム『ビーナスイレブンびびっど!』と、美少女アクションゲーム『アリス・ギア・アイギス』との提携も。これらは2020年のリリースを予定しており、『アリス・ギア・アイギス』では先行してゲーム画面上にGateboxが登場するミニコラボが実施されている。

このほかGateboxは、VR/ARコンテンツやデジタルサイネージのインタラクティブコンテンツ、スマートフォンアプリなどを手がけるハニカムラボと提携。Gateboxの機能を、個人利用のエンターテイメントだけでなく、ビジネス利用にも展開していく。

ハニカムラボがGateboxに対して、キャラクターなどのビジュアルや音声会話エンジンなどをカスタマイズできるAIソリューション「aicontainer」を提供。これにより、Gateboxに表示したキャラクターを会社受付や商業施設、展示会などで利用できるようになるという。

会場では、ハニカムラボの女性社員やGateboxの武地実氏を全身フルスキャンした3Dデータに、ボーンモデルを組み合わせて動くようにしたキャラクターをGatebox内に召喚。スキャンされた本人とGatebox内で動くキャラを並べてみると、再現度の高さに驚いた。Gatebox内のキャラの動きが本人と同期したりするわけではないが、Gateboxを使った今後の展開に期待が高まる展示となっていた。


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る