Windows 10ミニTips 第433回 セットアップ時にローカルアカウントを設定する

Windows 10ミニTips 第433回 セットアップ時にローカルアカウントを設定する

「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

○OOBEプロセス時にネットワークを切断する

最近海外のIT系サイトで話題になっていたのが、「Windows 10のOOBE(Out-Of-Box Experience)プロセスから、オフラインアカウントが作成できなくなった」という記事だ。OOBEはユーザーがPCを箱から取り出し使えるようにするまでの体験を表し、主にセットアップ動作を指す。

これまでのWindows 10では、「オフラインアカウント」を選択することで、Microsoftアカウントではなくローカルアカウントを作成できる。加えて筆者がWindows 10 Insider Preview ビルド18363で確認したところ、各エディション(Home/Proを検証)で「オフラインアカウント」が現れる。

首を傾げながらネットを見渡したところ、ドイツのWebサイト「WindowsArea.de」の記事がヒットした。同記事によればReddit(海外のネット掲示板)を火元としたフェイクニュースだという。

ただしMicrosoftが、Microsoftアカウントの普及を目的にローカルアカウントをセットアップしにくくした過去の経緯を見れば、今後仕様変更が加わらないとは断言できない。そこで本誌読者が新しいPCを購入した際のテクニックとして、ローカルアカウントのセットアップ法を紹介する。

Windows 10セットアップのOOBEプロセスは、ネットワークの検出に失敗するとMicrosoftアカウントではなく、ローカルアカウントのセットアップに進む。今回は画像を用意できなかったが、無線LANアクセスポイントへの接続をスキップし、有線LANならイーサネットケーブルをPCから取り外せばよい。

阿久津良和(Cactus)


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る