Xperia 1特別仕様モデルが直販で予約開始。デュアルSIMで128GB、Felicaなし

Xperia 1特別仕様モデルが直販で予約開始。デュアルSIMで128GB、Felicaなし

ソニーとソニーモバイルコミュニケーションズ、ソニーマーケティングは10月23日、映像制作や写真撮影、モバイルeスポーツ分野向けのSIMフリースマートフォン「Xperia 1 Professional Edition」を発表した。ソニー直販の「ソニーストア」および、ソニーストア 銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神のみで取り扱う。23日から予約を受け付け、25日に発売する。価格は税別143,000円。

Xperia 1 Professional Editionは、アスペクト比21:9の6.5インチ4K有機ELディスプレイを搭載した「Xperia 1」をベースに、出荷時の画面キャリブレーションや、有線LAN接続対応などを果たしたプロ用途向け特別仕様モデル。映像制作現場でのサブモニター利用や、業務用の写真撮影/編集、モバイルeスポーツイベントでの活用などを想定する。

Xperia 1 Professional Editionでは、出荷時にディスプレイの輝度むらや色ずれを1台ずつ補正し、ソニーのマスターモニターと同じ基準に揃える。画質の一貫性や安全性を高めるためで、出荷時キャリブレーションはユーザーからの要望が高かったという。

また、ソニー製カメラ「α」など、対応カメラと接続して画像転送できるアプリ「Imaging Edge Mobile」および、プロ向けの写真転送アプリ「Transfer & Tagging add-on」の機能拡張版をプリインストール予定。Transfer & Tagging add-onは、写真に作成者や著作権情報などをタグとして付与できるメタデータの標準規格「IPTC」を設定できるアプリ。従来、対応カメラなどを接続して撮影画像にIPTCタグを付与していたが、アップデート後は、Xperia 1 Professional Edition自体で撮影した写真にも、IPTCタグを付与できるようになり、本体で撮影した写真にタグ付けしスムーズに送付できるようになる。同アプリは、2019年10月末以降、ソフトウェアアップデートで自動インストールされる。

このほか、市販のUSB-Type Cアダプタと組み合わせ、有線LANでの接続が可能になった。安定したインターネット接続が行えるため、無線での通信が混雑し、本来のパフォーマンスが発揮しにくいモバイルeスポーツイベントなどでの利用を見込む。

本体の仕様も若干変更された。通常モデルはシングルSIM、64GBストレージ、Felica対応(おサイフケータイ対応)、地デジ対応だが、Xperia 1 Professional Editionでは、デュアルSIM対応(microSDカード排他)、128GBストレージ、Felica非対応(おサイフケータイ非対応)、地デジ非対応になる。ディスプレイの設定は「クリエイターモード」が標準で、ホーム画面のUIも横向きに対応する。このほか、サウンドやゲームの動きに合わせて振動するダイナミックバイブレーションも標準でオフになる。カラーはブラックのみ。

ソニー直営のソニーストア5店舗では、発売に先駆け、10月24日の開店時からXperia 1 Professional Editionを先行展示する。また、一般販売のほか法人販売も行い、法人向けの購入相談デスクも設けられる。


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る