アイロボットの床拭きロボット「Braava(ブラーバ)」シリーズは、自動で水を噴射しながら床拭きする機能を備えた新モデル「Braava Jet(ブラーバ ジェット)」が2016年に登場。その後継機種として、2019年の夏に3年ぶりに発売されたのが「Braava Jet m6」(以下、m6)です。

ブラーバ ジェット m6の進化ポイント

最大の進化ポイントは、「iAdapt 3.0 ビジュアルローカリゼーション」という最新のナビゲーションシステムを搭載している点。この機能を既に採用している、吸引型のロボット掃除機「ルンバ」の最上位モデル「i7+」「i7」と同様に、各種センサーとカメラを備え、家全体の間取りを認識する「Imprintスマートマッピング」に対応してます。従来モデルよりもより効率的に拭き掃除ができるほか、作成した地図をもとに清掃エリアを指定した掃除も可能になりました。

もう1つの新機能としては、ルンバとの連携機能が挙げられます。アプリ上で設定しておくと、ルンバの吸い込み掃除が終わったあと、m6が自動で拭き掃除を始めてくれるというもの。ゴミの除去から拭き掃除までを一気通貫して行うことができるのです。

連携に対応しているのは、m6の発売当初は、ルンバの最上位モデル「i7+」「i7」のみでした。筆者宅で所有しているのは「ルンバ 960」のため、対象に含まれず、残念に思っていたものです。

そして2019年10月、アプリがアップデートされ、ルンバ 900シリーズも連携機能に対応しました。さらに、マッピング機能によって作成された地図を使って、進入禁止エリアを指定した掃除も可能になったのこと。そんなこんなで遅ればせながらm6が気になり、試してみることにしました。
従来モデルより大きくなった本体、そのメリットとデメリット

はじめに、m6単体の仕様をまとめましょう。本体サイズは幅約27×奥行約25.2×高さ約9.0センチと、従来モデルの「ブラーバ ジェット250」と比べて、二回りほど大きくなった感じです。高さは低くなっており、従来モデルよりも狭い場所には入りにくくなった一方、低い場所には入り込めるようになっています。

大きさに関しては、筆者宅では一長一短でした。というのも、キッチンにある棚の下の隙間とm6の高さがぴったりだったので、その隙間にm6がはまり込んでしまい、身動きが取れなくなってエラーで止まっているケースが何度かありました。

ここで大いに役立ったのが、バージョンアップで追加された「進入禁止エリア」の指定機能です。m6がはまり込みやすい場所の境界を進入禁止エリアに設定することによって、この問題は解消しました。

願わくば、床の隅々までお掃除してほしいところですが、エラーで止まってしまって掃除面積が小さくなるよりは、エラー回避を優先するほうが賢明。m6が掃除しきれないところは、手作業で拭き掃除すればいいと割り切ることにしました。

一方で、従来モデルからやや大きくなった本体サイズは、小回りが利きにくくなったものの、メリットもあります。いわゆる「雑巾」の部分にあたるクリーニングパッドの面積も大きくなったので、一度に広い範囲を拭けるようになった、掃除にかかる時間が短くなりました。水を噴射して拭き掃除するウェットモードの適用床面積は、ブラーバ ジェット250の最大15畳に対して、m6は60畳です。m6は、広いリビングや複数の部屋・空間を連続して拭き掃除するのに適したモデルだと感じました。

給水と充電の使い勝手がよくなった

ブラーバ ジェット250とのもう1つの大きな違いは、水をセットするタンクです。本体とタンクが一体型で、水道の蛇口下に直接差し出して給水するブラーバ ジェット250に対して、m6では水タンクを完全に取り外して給水できます。タンク容量も約150mlから450mlに大型化し、給水の面でもより広範囲の掃除に対応します。お手入れもしやすく、この進化はうれしい限りです。

m6では充電方法も変わりました。本体からバッテリーを取り外して充電する仕組みだったブラーバ ジェット250に対して、m6はルンバと同じようにホームベース(充電台)で充電します。m6が自らホームベースに戻って自動充電し、運転中にバッテリーが切れそうになった場合も、ホームベースで一度充電してから掃除を再開してくれるので、とても便利です。充電の手間がない反面、本体を放置しがちになるかもしれません。個人的には、クリーニングパッドの交換や給排水といったお手入れを忘れることがあり、この点は一長一短です(筆者個人の問題という見方もありますが……)。

m6本体のクリーニングパッドと触れるホームベースのプレート部分は、分離して水洗いできる設計。このプレートがあるおかげで、充電中も汚れたクリーニングパッドが床に触れないのは気が利いています。

クリーニングパッドのサイズ以外の仕様は、ブラーバ ジェット250とほとんど同じです。クリーニングパッドは「使い捨てタイプ」と「洗って繰り返し使えるタイプ」の2種類が用意され、加えてそれぞれに「水拭き用」と「から拭き用」があって、計4種類を使い分けられます。m6にクリーニングパッドを取り付けると、クリーニングパッドの裏側にある小さな穴をm6本体側で認識し、自動的にパッドの種類を判断。各パッドに応じたモードを選択して動作する仕組みもそのままです。

ランニングコストは?

ランニングコストも気になりますね。クリーニングパッドのお手入れは、使い捨てタイプなら本体前面のボタンを押してそのままゴミ箱に捨てるだけですが、価格は7枚で950円。1枚あたり約135円の計算です。

一方、繰り返し使えるタイプは、各種2枚で3,240円。軽く水洗いして干したあと、50回程度は繰り返し使えます。単純計算で1回の床掃除あたり32.4円です。毎回手洗いするのはそれなりの手間なので、手軽さを思うと使い捨てタイプを選びたいところですが、価格面で少し迷うのが正直なところ。ここは人によって選択が分かれるでしょう。

ルンバとの連携機能を試してみる

次に、ルンバとの連携機能です。スマホアプリでルンバの操作画面を開き、「CLEAN」ボタンを押すと、毎回「後で拭き掃除する」という設定を選べます。

我が家のルンバは900シリーズのため、作成した地図からエリアを指定して掃除する機能には対応していません。そのため、ルンバで必ず全体を掃除してから、m6が始動するという流れになります。

リレーのバトンを渡すようなイメージで、吸い掃除と拭き掃除を一気通貫で行えるのは確かに便利。ただ当然ですが、m6の水タンクへの給水やクリーニングパッドの交換といった準備は手作業なので、完全に自動というわけではありません。

m6は、GoogleアシスタントやAmazon Alexaに対応したスマートスピーカーなどによる音声操作も可能。個人的には、ルンバとの連携機能は便利なのは間違いありませんが、マストではなくあくまで付加機能の1つという印象です。また、掃除をスケジュール設定すると連携機能を設定できなかったため、留守中にルンバとm6で掃除するときは、それぞれ時間差で開始時間を設定しておくことになります。今後ぜひ、ルンバをスケジュール設定したときも、m6との連携を有効化できるようになってほしいところです。

ちなみに、ルンバi7シリーズの場合も、マッピング情報はルンバとm6で別々に作成する仕組みで、両者で共有される機能はないそう。m6を利用するときは、最初に間取りを学習させるトレーニング清掃が必要です。すぐに使い始められないのが少しもどかしいので、ルンバのマップをm6と共有できるとより使いやすくなるでしょう。

優秀な床拭きロボット掃除機

m6は床拭きロボット掃除機としては十分に優秀な製品。筆者宅の間取りでは、m6は従来のブラーバと比べてサイズが大きいせいか、エラーで止まる回数が少々多かったものの、進入禁止エリアの設定などを駆使することで、使っているうちに快適に拭き掃除できるようになりました。住宅の間取りはさまざまなので、そのあたりはユーザーの工夫でカバーできます。

筆者宅では、まだまだ従来モデルの「Braava」が現役なので、m6をすぐに購入する予定はありませんが、次の買い替えでは積極的に検討します。これから初めて床拭きロボット掃除機の購入を考えているなら、第一候補にしてもよいでしょう。m6の本体サイズと自宅の環境(家具の配置や家具下の隙間の高さ)、m6のランニングコストを考えつつ、検討してみてくださいね。