マウスコンピューターはこのほど、液晶ディスプレイブランド「iiyama」から、31.5型ワイド液晶ディスプレイ「ProLite XB3270QS-2」を発売した。価格はオープンで、店頭予想価格は44,000円前後。

WQHD(2,560×1,440ドット)の高解像度に対応した31.5型ワイド液晶ディスプレイ。表計算や文章作成、複数のブラウザを同時に表示する環境などで、作業効率が向上する。

液晶パネルはノングレア(非光沢)仕様で、上下左右178度の広視野角となるIPS方式パネルを採用することで、位置や角度による見え方やコントラストの変化を抑えた。また、高コントラスト比(80,000,000:1)を可能にする「ACR」(Advanced Contrast Ratio)機能により、メリハリのある色表示を実現している。

ブルーライトを低減する「Blue Light Reducer」機能や、バックライトのちらつきによる目の負担を軽減する「フリッカーフリーLEDバックライト」も搭載する。

付属スタンドは、スクエア形状のスタンドベースを採用することで設置効率が高く、ディスプレイの高さとチルト(上下角)の調節機能に加えて、ユーザーが使いやすいポジションを選べるスイベル機能を備える。

そのほか主な仕様は、輝度が250cd/平方メートル、応答速度が4ms(GtoG)。映像入力インタフェースは、HDMI×1、DisplayPort×1、DVI×1。3W+3Wのステレオスピーカーを内蔵する。

本体サイズはW726.0×D230×H453.0〜553.0mm、重さは8.6kg(スピーカー、スタンド含む)。