JR西日本は15日、嵯峨野線(山陰本線)で日本画ポスターを掲出した「日本画トレイン」を1月18日から3月15日まで運行予定と発表した。沿線や嵯峨嵐山エリアの魅力のPRを目的に、風景、社寺、いきものを描いた日本画のポスターで車両内を装飾する。

日本画作品は、2019年2月に二条城で開催した「京都 日本画新展 in 二条城 〜100人の画家・嵯峨野線を旅して〜」に出品された作品100点の中から27作品を選定した。竹林、広沢池、大覚寺大沢池、北野天満宮、仁和寺、嵐山、二条城などを描いた作品を採用している。

ポスターは4両編成の221系(1編成)の下り方2両に掲出。車内の中吊り・ドア横・ドア上・窓上などの広告枠を使用する。下り方2両の装飾は、混雑する嵯峨野線車両の分散乗車を促すことを目的としている。

あわせて嵯峨嵐山駅から四条大宮駅、北野白梅町駅までを結ぶ嵐電(京福電気鉄道)と、北野や仁和寺エリアを運行する西日本ジェイアールバスでも同デザインの中吊りポスターを掲出。それぞれの車内で日本画と沿線の魅力をPRする。嵐電では7作品、西日本ジェイアールバスでは4作品が掲出される。