ニコンは、開発中のデジタル一眼レフカメラ最上位「D6」を家電・テクノロジー見本市「CES 2020」で参考展示。また、1月24日発売予定の最新機種「D780」や、ミラーレスカメラ「Z 50」を手に取って試せるコーナーを大きく展開していた。

D6はガラスケース内の展示のみで、実機に触れることはできなかった。しかし、上面液晶パネルにはカードが入っていないことを表す「-E-」表示が出ており、既に稼働可能な状態のモックアップであったと思われる。

ニコンブースではこのほか、D780やZ 50など同社の最新カメラを試せるタッチ&トライコーナーを大きく展開。様々なレンズとの組み合わせで実写できるようになっていた。

また、2月7日発売予定の超望遠ズームコンパクト「COOLPIX P950」も手に取って試すことができた。