ローランドは、ステージピアノ「RDシリーズ」に可搬性の高いモデルとして「RD-88」をラインナップに追加、3月下旬に発売する。税込みの市場想定価格は132,000円前後。米国アナハイムで開催される楽器見本市「The 2020 NAMM Show」でも展示される模様。

同製品は奥行約26㎝のスリムなボディに「RDシリーズ」のサウンドと演奏性能が詰め込まれている。ハンマー・アクション構造の鍵盤を採用した88鍵の本格的ステージピアノであるが、13.5kgと軽量な仕様となった。音源部はRDシリーズのスーパーナチュラル・ピアノ音源やスーパーナチュラル・エレクトリック・ピアノ音源のほか、「ZEN-Core」音源も搭載。「ZEN-Core Synthesis System」により、JUPITER-Xのサウンドを本機で演奏できる。

つまみやボタン類はステージ演奏に最適なレイアウトで配置されており、音色はカテゴリーごとに用意されたボタンからお気に入りのサウンドをすばやく見つけられるようになっている。トップパネルには音色調整用のつまみを配し、演奏会場に合わせて、最適な音量や音質の調整、エフェクトの調節などが直感的に行える。

また、Appleのライブ演奏用アプリケーション「MainStage」との連携機能も装備。Mac上のソフトウェアシンセサイザーを弾くことも可能だ。さらに、シリーズ初のスピーカーシステムを搭載。外部スピーカーなしですぐに演奏を楽しめる。

サイズは、W1,284×H159×D258mm。質量は13.5kg(ACアダプター除く)。本体のほか、ACアダプター、電源ケーブル、ペダルスイッチなどが付属する。