ローランドは、BOSS(ボス)ブランドのギターアンプ「KATANA」シリーズのフラッグシップモデル「KATANA-Artist」をバージョンアップ。「KATANA-Artist MkII」として3月に発売する。税込みの市場想定価格は77,000円前後。米国アナハイムで開催される楽器見本市「The 2020 NAMM Show」でも展示される模様。

「KATANAシリーズ」は同社の独自技術「Tube Logic」を採用し、真空管を搭載したアンプ特有の心地よい歪みやレスポンスを再現したギターアンプである。今回発表された「KATANA-Artist MkII」では、』は、従来から搭載されていた5タイプのアンプキャラクターにそれぞれ新しい音色バリエーションを追加。合計10種類のアンプサウンドを楽しめるようになった。スピーカーは、こちらも独自開発の「WAZAスピーカー」を採用。12インチサイズのものが搭載されている。

同時使用できるエフェクト数も3種類から5種類に増加。専用のエディターソフトを使えば、60種類以上のエフェクトから好みのタイプを組み合わせて多彩な音色作りを行える。

さらに、音のキャラクターを3タイプから選べる「CONTOUR」や、3種類の設定を記憶させてすぐに呼び出せる「GLOBAL EQ」、ギターソロ演奏時の音量を簡単に調節できる「SOLO」スイッチなど、最上位モデルならではの機能が追加されている。

定格出力は100W。サイズはW630×H515×D248mm、質量は19kg。本体のほか、電源ケーブル、2P-3P変換器などが付属する。