YostarからリリースされたiOS/Android用アプリ『アークナイツ』のプレスカンファレンスが、1月8日に渋谷のシダックスカルチャーホールにて開催。ステージには、Yostar Picturesの取締役を務める稲垣亮祐さんと斉藤健吾さん、同タイトルに登場するキャラクター・アーミアのCVを担当する黒沢ともよ、Yostarから横山俊輔さんが登壇した。

プレスカンファレンスでは、『アークナイツ』アニメーションPV第1弾が公開された。アクションシーンの演出や作画を担当した斎藤さんは「最初は、誰が敵で誰が味方か分からなかったんですけど、打ち合わせしていく中で、アーミアとクラウンスレイヤーをぐるぐる回して戦わしてみようとか」と制作過程について明かした。

そんなアクションシーンのこだわりについて斎藤さんは「カットを繋いでいく上でテンポ感はすごく良かったかなと。最初はアクションカット単体で作っていて、それをPVにする時に順番をまぜこぜにしようという話になってたんですけど、でも繋げてみるとそのままでいけたなと」と回顧。稲垣さんは「カット番号順で製作は進行していくんですけど、カット番号が途中でかなり変わったのは困りましたね」と暴露し笑いを誘うと、斎藤さんは「2人でやってたから、カット番号を振って無くて(笑)」と話した。

(C)2017 Hypergryph Co., Ltd.
(C)2018 Yostar, Inc. All Rights Reserved.