JR東日本は16日、冬の東北への観光流動創出に向けて展開している「行くぜ、東北。SPECIAL 冬のごほうび」キャンペーンの一環として、山手線で「冬のごほうび」をPRするラッピング列車を運行すると発表した。

山手線のラッピング列車は1月18日から2月2日まで運行予定。E235系1編成を使用し、東北各県が誇る冬の風物詩を車体・車内の両面でPRする。車体は窓の横のスペースに東北6県の一押し素材をラッピング。車内も中吊り広告やドア横広告の箇所に東北6県の素材を掲出する。

ラッピング列車の運行期間に合わせ、東北6県の対象施設に実際に行き、「山手線のラッピングトレインを見ました」と申し出ることで、先着で「小さなごほうび」がもらえるキャンペーンも同時に開催する。