近畿日本鉄道は21日、特急列車の車いす席の特急券をインターネット予約・発売サービスで2月1日から販売開始すると発表した。インターネットを通じて車いす席を指定し、特急券を購入できるようにするサービスは国内で初めてだという。

近鉄では、一部の特急列車に設置している車いす席の特急券を駅窓口・旅行会社のみで発売していたが、今後は事前に駅窓口・旅行会社で特急券を購入する以外に、自宅等でインターネットから購入して乗車することも可能となり、より便利に近鉄特急を利用できるようになる。

2月1日から購入可能な特急券においてサービスが実施され、3月14日から営業運転を開始する「ひのとり」をはじめ、「しまかぜ」「アーバンライナー」「伊勢志摩ライナー」「青の交響曲」「さくらライナー」や、22000系・22600系(一部)、16400系・16600系を使用した列車が対象となる。

これらの列車の車いす対応席と、同伴者の席(車いす近隣席)の特急券について、近鉄のインターネット予約・発売サービスのチケットレスサービスで購入できる。