Samsungは2月11日(米国時間)、折りたたみ型スマートフォン「Galaxy Z Flip」を発表しました。縦方向に折りたたんでコンパクトに持ち歩けます。米国や韓国を含む一部の国や地域で2月14日から発売し、価格は1,380ドルです。グローバルで順次販売を開始しますが、国内販売については発表時点で明らかにされていません。

※2月12日追記:
auからの発売が明らかになりました。

Galaxy Z Flipは、新たな「Zシリーズ」として登場した折りたたみ型スマートフォン。Samsungの折りたたみ型スマートフォンとしては、Galaxy Foldに続く第2弾です。第1弾のGalaxy Foldはブックタイプの折りたたみでしたが、Galaxy Z Flipは縦方向に折りたたみます。

縦長のGalaxy Z Flipを折りたたむと、長さが半分ほどの手のひらサイズに。開いたときの本体サイズと重さは、高さ167×幅74×厚さ6.9〜7.2mm・約183gと、普通のスマートフォンのようです。中央から折りたたむと、高さ87×幅74×厚さ15.5〜17.3mmになります。ジーンズのポケットにもすっぽり収まるコンパクトさで、持ち運びを重視したスタイル。

ディスプレイを内側にして折りたたむので、一昔前の折りたたみ式ガラケー(フィーチャーフォン)と似たようなイメージです。ディスプレイは6.7インチFHD+(2,636×1,080ピクセル)の有機EL、Dynamic AMOLEDを採用しています。背面には時計や通知を表示するカバーディスプレイも備えており、こちらは1.1インチ。タッチパネルも搭載します。

カメラは背面にデュアルカメラ、内側にインカメラを装備。本体を半分くらい折りたたんだ状態にすると、ノートPCのように自立するため、長時間露光などの撮影が可能というメリットがあります。三脚などを使わなくても、平面に固定しておけるわけです。

ネットワークは4Gに対応。Galaxy S20シリーズとは異なり、5Gモデルは用意されないようです(将来的にはわかりませんが)。新しいスタイルの折りたたみスマホ、Galaxy Z Flipは、男性でも女性でも気軽に持ち歩ける製品となっています。