MVNOサービス「mineo(マイネオ)」は、2月11日夜から続いていた通信障害がすべて回復したと発表。障害件数についても明らかにした。

mineoでは、2月11日19時34分頃に発生した通信障害により、データ通信サービスが利用できない状態になり、一部機種では音声通話サービスも使えなくなった。その後、2月12日0時30分頃にau回線を用いる「Aプラン」が復旧。同日1時30分頃にはドコモ回線の「Dプラン」とソフトバンク回線の「Sプラン」も復旧したという。

同社は「通信機器障害」が理由としており、詳しい原因の調査を進めている。まだサービスを利用できない場合は、スマートフォンなどの端末を再起動するよう案内している。

なお、発生時刻以降の障害件数は以下の通り。

Aプラン:最大約29万件(2月11日23時20分頃)
Dプラン、Sプラン:最大約50万件(2月12日0時10分頃)

mineoはオプテージ(旧ケイ・オプティコム)が展開するMVNOサービスで、ドコモ回線、au回線、 ソフトバンク回線のプランを提供するマルチキャリアMVNO。同社の「2019春 事業説明会資料」によると、2019年1月時点でのmineoの契約数は113万回線。