サムスン電子は2月12日、フラッグシップスマートフォンの新製品「Galaxy S20」シリーズを発表しました。ラインナップは、Galaxy S20、Galaxy S20+、Galaxy S20 Ultraの3製品。日本で2019年春〜夏にかけ発売した前モデルの「Galaxy S10」「Galaxy S10+」からどう進化したのか、スペックを簡単に比較してみましょう。

○Galaxy S10シリーズとGalaxy S20シリーズ

S20シリーズの最上位モデル「Galaxy S20 Ultra」と、S10シリーズの最上位モデル「Galaxy S10 5G」は、Galaxy S10 5Gが日本未発売のため下記にまとめました。
○Galaxy S20 Ultra

Galaxy S20シリーズは、スペックから見ると、前モデルから「画面が一回り大きくなり」、「(CPUなど)基本性能が向上し」「カメラ機能が大幅に強化された」製品です(一般的に多くのスマホがこういう進化を辿りそうですが……)。

ディスプレイは“AMOLED 2X”(2倍)となり、これまで60Hzだったリフレッシュレートから、最大120Hzリフレッシュレートが選択できるようになりました。カメラ機能の強化は速報「Galaxy S20・S20+・S20 Ultra速攻レビュー」に詳しいですが、S20 Ultraではシャオミ「Mi Note 10」シリーズと同じ1億800万画素センサー(Samsung製)による高解像度撮影や、100倍相当のデジタルズームなどが組み込まれ、S20およびS20+でも、解像度6,400万画素の望遠レンズが新たに搭載されています。

そしてもちろん、第5世代移動通信システム「5G」への対応も大きな特徴の1つ。2020年春に日本でも導入予定の5Gサービスに合わせた国内発表を期待したいところです。