ニコンが、プロ向け一眼レフ「D6」の詳細なスペックや発売日を発表した。ファインダー撮影時のオートフォーカス性能を高め、ファインダー撮影時でも人物の瞳にピントを合わせ続けて撮影できるようになった。価格はオープン。発売は3月の予定。

2016年3月に発売した「D5」の後継モデルで、2019年9月4日に開発発表をしていた。おもな改良点は以下の通り。

有効2082万画素のフルサイズCMOSセンサー(ボディー内手ぶれ補正機構は非搭載)
ファインダー撮影時のAFセンサーを105点に増強
新開発のAFエンジンの搭載で、14コマ/秒の高速連写時も全点でAFを合わせ続けての撮影に対応
最新の画像処理エンジン「EXPEED 6」を搭載し、レタッチなしでも使える画質で撮影できる
ISO感度はISO100〜102400、拡張時はISO328万まで対応
ケンジントンロック対応でカメラの盗難を防げる
CFexpress/XQDカード対応のダブルスロットを搭載
位置情報や時刻を取得できるGPSを内蔵
撮影後に写真をいち早く送信するための機能を強化
4K 30p/25p/24p対応の4K動画撮影機能を搭載
バッテリー撮影枚数は約3580コマ

ファインダー撮影時のオートフォーカス性能や撮影性能を向上したのがおもな改良点。ライブビュー撮影時はコントラストAFに据え置かれ、ライブビューで動く被写体にピントを合わせて撮影するのは難しい。

本体サイズはW160×H163×D92mm、重さは約1450g(バッテリー、メモリーカード含む)。