JR貨物は12日、直流電気機関車EF210形の愛称名「ECO-POWER 桃太郎」にちなみ、新たに「桃太郎」キャラクターを制作して側面にラッピングすると発表した。

直流電気機関車EF210形は1996(平成8)年から製作され、東海道本線・山陽本線などで広く活躍している。愛称名は「ECO-POWER 桃太郎」だが、これまでキャラクターデザインは存在していなかった。JR貨物によれば、製作された車両数が2016年度に100両を超えたこともあり、さらに親しまれるように、シンボルとなるキャラクターデザインを検討してきたという。

キャラクターデザインのラッピングは今年度の新製車3両(316〜318号機)から行い、側面の両面1カ所ずつにラッピングを施す。既存車両も再塗装時に随時ラッピングを施すとのこと。多くの人に親しんでもらえる機関車を通じて、JR貨物と貨物鉄道輸送のさらなる認知度向上に努めていくとしている。