Samsung Electronicsが米国時間2月11日午前11時に、新スマートフォンの発表会である「Galaxy UNPACKED 2020」を開催しました。既報の通り、フラッグシップスマートフォンの「Galaxy S20」シリーズ、折りたたみスマートフォンの「Galaxy Z Flip」を発表。サムスンのモバイル事業トップの盧泰文(ノ・テムン)氏は、今回がUNPACKEDデビューとなり、新たな10周年の幕開けを印象づけました。

○超薄型カバーガラスでさらに進化した折りたたみ型スマートフォン「Galaxy Z Flip」

まず、Galaxy Z Flipを発表。Samsung UKのMobile Product Marketing、Rebecca Hirst氏は、女性でも気軽に持ち歩ける折りたたみスマートフォンとして、ポケットから取り出してアピール。「未来のスマートフォンに向けた偉大な一歩」と強調しました。

Flipが特徴的なのは、かつての折りたたみ携帯電話のような縦方向の折りたたみ。6.7インチという大型ディスプレイのスマートフォンながら、折りたたむと手のひらに収まるコンパクトサイズになります。

2019年に発表された折りたたみスマートフォンの「Galaxy Fold」は、ブックタイプの横開きでしたが、今回のはGalaxy Z Flipは縦開き。その形状に加えて新しいのが、ダイナミックAMOLEDディスプレイの表面に配置されたガラスです。もともと、一般的なスマートフォンは表面にディスプレイを保護するカバーガラスが使われています。Galaxy Foldの時点では折りたたみに耐えられるガラスがなかったため、フィルムが使われていました。

Flipではその問題を解決し、折りたたみが可能な超薄型のカバーガラスを採用。これによってディスプレイの耐久性が向上したほか、パンチホール型のインカメラを搭載可能に。ディスプレイの大型化にも貢献したそうです。全面がディスプレイとなる現代的なスマートフォンでありながら、折りたたみを実現しました。

Foldでは閉じるか開くしかできなかったヒンジも改良され、折りたたみを自由な位置で止められるフレックスモードに対応。ノートPCのようにテーブルの上にスマホを置いて、画面を立てて見る、という動作が可能です。この状態だとカメラを固定して置けるので、三脚いらずで自撮りや夜景撮影などができます。

このフレックスモードでは、専用のUIも採用。折りたたみに合わせて分割されたUIになります。カメラを起動すると、上半分にライブビュー、下半分にシャッターボタンなどが表示されます。写真アプリでは、上半分に選択画像、下半分に撮影情報を表示し、左右フリックすると画像送りができます。YouTubeを上半分に表示し、下半分にコメントなどを表示するUIも使いやすそうです。

グローバルでの発売は2月14日から。価格は1,380ドルとなっています。日本ではKDDIから2月下旬に発売。価格は2月13日時点で明らかになっていませんが、単純に日本円で考えると15万円程度。20万円オーバーだったGalaxy Foldよりは安くになりましたが、それでもハイエンドスマホの価格です。KDDIは「買いやすいようなプラン」を検討しているそうなので、期待したいところです。

加えて、ファッションブランドのTHOM BROWNE NEW YORKとコラボレーションしたGalaxy Z Flipや、完全ワイヤレスイヤホンのGalaxy Buds+、Galaxy Watch Active 2も発表されています。2月14日から予約を開始。発売は3月になるそうです。
○これからの10年、「Galaxy S20」シリーズ

続いて、盧泰文(ノ・テムン)氏がステージに登場。モバイル部門のトップ(IT&モバイルコミュニケーションズ部門無線事業部社長)だったDJ Koh氏の後を継いだノ・テムン氏、英語表記はTM Rohとなるようです。

TM Roh氏は「新たな成長と変革の10年をスタートさせる」とし、「今このとき、この場から、モバイルのイノベーション新時代を開始します」と宣言しました。

そうして「Galaxy S20シリーズ」を紹介するTM Roh氏。ステージを撮影していたビデオカメラに近づくと、そこにあったのはGalaxy S20。ステージを撮影して巨大スクリーンに投影していた映像は、ずっとGalaxy S20で撮影していた――というインパクトのある演出によって、カメラ性能をアピールします。

Galaxy S20シリーズは、ノーマルモデルのS20、大型ディスプレイやカメラを強化したS20+、そして「プロレベルのカメラ機能」とするS20 Ultraという3モデルを用意。さらに、Samsungがスポンサーとなっている東京五輪とコラボレーションした「S20+ 5G Olympic Games Athlete Edition」も用意します。アスリートエディションなので参加選手向けですが、東京五輪では選手たちが日本でも5G通信を利用できそうです。なお、現時点でGalaxy S20シリーズの日本発売は明らかにされていませんが、いずれかのモデルの発売は間違いないでしょう。

Galaxy Sシリーズは2019年のS10で10周年となり、今回は「次のGalaxyの10年」というビジョンのもとで開発されたそうです。説明を引き継いだSamsung US Mobile Product Managementのトップ、Drew Blackard氏は、5GやAIの説明をした上で、Galaxy S20シリーズで重要視した機能としてカメラ機能を紹介します。「世界中のスマートフォンユーザーに、カメラで何が最も重要かと質問したところ、まったく同じ答えが返ってきました。品質、品質、品質です」とBlackard氏。とにかく品質を重視したことをアピールします。

Blackard氏は、「完璧な撮影条件下では、素晴らしい写真を撮影できるようになっています」としますが、写真を撮影する状況はさまざまで、必ずしも最高の環境で撮影できるわけではありません。Galaxy S20の中で特にカメラを重視した「Galaxy S20 Ultra」は、そうした課題にチャレンジした製品というわけです。

まずは解像度。高解像度のほうがより精細な写真を撮れます。S20 Ultraは、1億800万画素という超高解像度のセンサーを備えており、写真の一部を切り出しても十分い高精細です。

しかし、高解像度になるほど、センサーの画素ピッチは小さくなり、暗所撮影などでノイズが多くなってしまうなどの弊害があります。そこで、9つの画素を1つの画素として扱う「ナノビニング」技術を採用し、S/N比を改善してノイズの少ない明るい写真を撮れるようにしました。

S20 Ultraはさらに100倍という超望遠ズームが可能です。デジタルズームではありますが、画像処理を駆使することで、通常のデジタルズームより高画質にしているとアピールします。

ほかにも、シングルテイクや8K動画撮影機能など、新たな仕組みを盛り込んでいます。これまでGalaxy Sシリーズのカメラは、高画質ながら機能としては比較的シンプルだった印象。今回のGalaxy S20シリーズでは、複数のレンズ、AI、ハードウェアを組み合わせることで、新たなスマートフォンカメラを実現していると感じました。

Galaxy S20に合わせて、GoogleやNetflixとのパートナーシップを強化します。S20の5GモデルはGoogle Duoと電話アプリを統合し、ビデオ電話をフルHD品質で楽しめるなどの機能を搭載します。YouTubeでは、S20で撮影した8Kビデオをアップロードできるようにしました。

Netflixは、オリジナル動画をS20ユーザーに提供。動画の撮影はS20で行うそうです。さらに音声アシスタントのBixbyなどを使って、Netflixのコンテンツを簡単に発見できるようにします。

最後にTM Roh氏は、「Galaxy S20から始まるこの10年で、モバイル業界の成長と、人々が世界の体験を変えられると信じています」とまとめ、さらなるGalaxy Sシリーズの進化を強調しました。