静岡鉄道は3月7日から新型車両A3000形の第7号目車両「Pretty Pink」、第8号目車両「Fresh Green」の運行を開始する。これにともないスペシャルイベントを開催し、同日限りで引退する1000形1001号・1006号のラストランと車両展示も行う。

新車2編成の導入にともない引退する1000形1001号・1006号はこの日、始発から昼頃にかけて最後の営業運転を実施。1001号は新静岡駅11時31分発(柚木行)、1006号は新静岡駅12時4分発(柚木行)がラストランとなる。この日は静岡鉄道において初というA3000形のみの営業運転も行われる。

ラストランを終えた両車両は長沼車庫に移動し、現役の1000形5編成と並べて展示される。1000形7編成が並ぶ光景はこの機会が最後になるとのこと。1001号・1006号の車内で思い出の写真の展示も行う。記念ヘッドマークをデザインしたコースターなど、オリジナルグッズの販売も数量限定で実施する。長沼車庫でのイベントは13〜16時の開催を予定している。