人工知能による位置情報分析プラットフォーム「SilentLog Analytics」の開発・運営を手がけるレイ・フロンティアは、三陸鉄道の情報を発信する「さんてつアプリ」を今年5月にリリースすると発表した。

「さんてつアプリ」は、沿線住民向けのリアルタイムな運行情報と、沿線住民以外でも活用できる「三鉄応援機能」をあわせ持つサービスとして展開。トップ画面には、徒歩・三陸鉄道の乗車・三陸鉄道主催イベントの参加のいずれかの公道実績を「ポイント」として表示する。

「お知らせ欄」では、三陸鉄道からの重要な告知や、直営店からのお得な情報を表示。運行状況が確認できる「運行状況画面」、各駅ごとの時刻表を検索できる「時刻表表示画面」も実装する。今月中に導入に向けた実証実験を行い、三陸鉄道運転士へのアプリ操作の周知期間を経て、5月に公開予定としている。