Netflixは、オリジナルアニメシリーズ「攻殻機動隊 SAC_2045」の配信開始日を4月23日に決定。最終予告編とキービジュアル、新キャラクター&キャストの情報を公開した。

約1分間の最終予告編には、今回公開された2人の新キャラクターとして、公安9課でタチコマのメンテナンスなどを担当する江崎プリン(CV:潘めぐみ)と、草薙率いる部隊に所属する傭兵・スタンダード(CV:津田健次郎)が登場。また、キービジュアルには草薙素子やバトー、トグサ、タチコマたち公安9課メンバーが描かれている。

「攻殻機動隊 SAC_2045」は、2045年に舞台を移した「攻殻」シリーズ史上初のフル3DCGアニメーションで、Netflixにて全世界独占配信される。「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズを手掛けた神山健治氏と、「APPLESEED」シリーズを手掛けた荒牧伸志氏によるダブル監督体制で、キャラクターデザインはロシア出身のイラストレーター、イリヤ・クブシノブが担当。制作はProduction I.GとSOLA DIGITAL ARTS。
○「攻殻機動隊 SAC_2045」のあらすじ

2045年。全ての国家を震撼させる経済災害「全世界同時デフォルト」の発生と、AIの爆発的な進化により、世界は計画的且つ持続可能な戦争「サスティナブル・ウォー」へと突入していた。

内戦・紛争を渡り歩き、アメリカ大陸西海岸にて傭兵として活躍す る全身義体のサイボーグ・草薙素子とバトーら「元・公安9課」のメンバーたち。

そんな草薙率いる部隊の前に突如、「ポスト・ヒューマン」と呼ばれる驚異的な知能と身体能力を持つ存在が出現する。彼らは如何にして生まれ、何のために戦うのか……。大国間の謀略渦巻くなか、再び「攻殻機動隊」が組織される――。