スイスの時計ブランド「タグ・ホイヤー」から、日本限定モデルとなる「アクアレーサー 奄美大島スペシャルエディション」が登場した。売り上げの一部は、WWFジャパンによる南西諸島の環境保全活動へ寄付される。

今回の日本限定モデルは、環境保全団体であるWWFジャパンとのコラボレーション。メンズモデルの「アクアレーサー キャリバー5 奄美大島スペシャルエディション」(税別255,000円)と、レディスモデルの「アクアレーサー レディ 奄美大島スペシャルエディション」(税別155,000円)をラインナップ。限定数は各500本だ。

タグ・ホイヤーのアクアレーサーは、本格的なダイバーズウォッチ。今回の限定モデルでは、美しく澄んだ奄美大島の海を連想させるディープブルーのダイヤル、ライトブルーのインデックスと秒針が見どころ。ダイヤルの6時位置には、奄美大島のシルエットを配置している。もちろん、逆回転防止ベゼル、二重ガスケット装備のねじ込み式りゅうず、高い視認性など、ダイバーズウォッチとしての機能も装備。

ケースとブレスレットの素材はステンレススチール、ケース径はメンズモデルが41mmでレディスモデルが27mm、風防はサファイアクリスタル、防水性能は300m。ムーブメントは、メンズモデルが機械式(自動巻き)、レディスモデルがクオーツ。