アコ・ブランズ・ジャパンは3月23日、Kensingtonブランドより、人間工学に基づいた設計で、長時間利用時の負担を軽減する「Pro Fit Ergo」シリーズのマウス新製品、およびキーボード新製品を発表した。3月23日から、Amazon.co.jpなどで販売開始する。
○Pro Fit Ergo 有線マウス / ワイヤレスマウス

Pro Fit Ergoの有線マウス / ワイヤレスマウスは、本体に高さを設け、握手をする時のような自然な角度で握れる設計にしたマウス。リストレストも組み込んだデザインで、手のひらがデスクと擦れることを防ぐ。ボタン数は5つで、ユーティリティ「KensingtonWorks」により機能割り当てやDPI切り替えが可能。

Amazon.co.jpの価格は有線マウスが5,690円、ワイヤレスマウスが6,638円(いずれも税込)。いずれもインタフェースはUSBで、有線マウスは約1.8m長のUSBケーブルが直付けされ、ワイヤレスマウスではUSBレシーバが付属する。ワイヤレスマウスの電源は単3形乾電池×1。

本体サイズは、有線マウスがW73×D182×H94mm、ワイヤレスマウスがW73×D133×H60mmで、重さはいずれも94.2g。DPI切り替えは、有線マウスが4段階(1000 / 1600 / 2400 / 3200)、ワイヤレスマウスが3段階(800 / 1000 / 1200)。

○Pro Fit Ergo 有線キーボード / ワイヤレスキーボード

Pro Fit Ergo 有線キーボード / ワイヤレスキーボードは、左右の手の角度に合わせてキーを左右に分割したスプリットデザインの日本語キーボード。Surface Ergonomicキーボードを思わせるデザインで、手のひらの位置に合わせた傾斜を付け、中央が盛り上がった形状となっている。クッション性のあるリストレストを備え付け、使用時の手のひらの摩擦も防ぐ。

Amazon.co.jpの価格は有線キーボードが6,639円(税込)、ワイヤレスキーボードが未発表(ヨドバシ.comでの価格は税込9,680円)。本体サイズと重さは2機種とも同じで、W216×D463×H36mmと747g。いずれもインタフェースはUSBで、有線キーボードは約1.8m長のUSBケーブルが直付けされ、ワイヤレスキーボードではUSBレシーバが付属する。ワイヤレスキーボードの電源は単4形乾電池×2。