アユートは、「音楽ストリーミングやモバイルゲームに最適化した」という、AZLA(アズラ)ブランドの新イヤホン「AZEL(アゼル)」を3月20日に発売した。価格はオープンプライスで、直販価格は税込6,580円。カラーはBeluga Black、Oyster Gray、Forest Green、Dakota Red。

AZLA初の金属ボディを採用したイヤホンで、金属ブロックからの切削加工で作られており、表面はヘアライン加工。「(金属素材は)デザイン性だけでなく、サウンドにも重要な役割を果たす」としている。

自社開発の8mmダイナミック型ドライバーを搭載しており、振動板は40μ(ミクロン)厚の金属製で、「音楽ストリーミングで不足しがちな低域やダイナミクスの音源でも、4Hz〜60kHzのワイドレンジ再生により、豊かな低域とリッチで自然な音を楽しめる」という。

また、金属にフィボナッチパターンを精密加工した、薄くて剛性の高い「フィボナッチフィルター」を音道管の先端部に備え、滑らかで自然なサウンドで表現できるとする。

抵抗値が低く、高純度な伝送が可能という、専用設計のSilver Plated OFCケーブルを採用。72本の高純度OFC導体を各18本にまとめた4芯構造で、被膜処理と編み込みにより、しなやかな取り回しと高い耐久性を確保した。

イヤーピースは、医療グレードLSRシリコンを採用して独自開発した「SednaEarfit Light Short」で、SS/S/MS/M/ML/Lの6サイズが付属。傘部の柔軟性が高く、耳道の負担を軽減。軸の厚みを上げて固定力を強化し、耳からの落下を防ぐ。キャリングケースと、本体の傷防止用小型ポーチも同梱する。