JR東日本は24日、車いす等の利用者の案内におけるサービス品質のさらなる向上をめざし、南武線内各駅で同日から「お客さま乗降連絡アプリ」を導入したと発表した。

JR東日本では、列車乗降の際に介助が必要な車いす利用者らの乗客を案内する際、利用区間や乗車位置を乗車駅・降車駅の駅係員同士で連絡を取って確認しており、駅係員同士の連絡は電話・メモ等を中心に行っている。

新たに開発した「お客さま乗降連絡アプリ」では、乗客からの申込み内容を乗車駅係員がアプリに入力することで、関係する駅と乗務員に自動的に通知が行われる。これにより、乗客を待たせる時間の短縮と確実な案内を図っていくという。

「お客さま乗降連絡アプリ」は3月24日から南武線内各駅に導入され、今後は首都圏を中心に導入線区の拡大をめざすとともに、2020年度内に山手線・京葉線への導入を計画している。今後もJR東日本では、車いす利用者らが利用しやすい快適な鉄道をめざし、取組みを進めていくとしている。