ディーアンドエムホールディングスは、デンマークのスピーカーブランド・DALIのブックシェルフスピーカー「MENUET SE」を3月下旬に発売する。ロングセラーモデル「MENUET」に特別なチューニングと外装を採用し、「もっとも印象的なDALIスピーカー」に仕上げた。価格はペアで18万4,000円(税別)。

1992年からロングセラーシリーズとして続いているブックシェルフスピーカー「MENUET」の最新モデル。「きめ細かな艶のある高域、コンパクトサイズ・スピーカーとは思えないような迫力の低域」といったMENUETのサウンドの魅力と可能性を引き出すために、現行「MENUET」(第4世代、2015年発売)をベースに特別なチューニングと外装を採用している。

具体的には、まず内蔵ネットワーク回路をブラッシュアップ。内部配線は一般的な銅線からDALIオリジナルのシルバープレート(銀メッキ)無酸素銅線に変え、ネットワークボードも従来のハードボードから、より堅牢なベークライト・ボードに変更している。

音質に大きな影響を及ぼすコンデンサは、従来の汎用品からドイツ Mundorf製のものにアップグレード。高域用にはフィルム・コンデンサ、低域用には電解コンデンサを搭載している。

入力部となるスピーカーターミナルについても、従来のRUBICONグレードから、堅牢で大型のEPICONグレードのものに変更。あらゆるスピーカーケーブルの端末をホールドできるという。

キャビネットは通常モデルと同じ高剛性MDFだが、外装には「流麗にして精悍」というワイルド・ウォルナット(天然木の突板)を使い、ハイグロス塗装で仕上げた。既存のマット仕上げ(ブラックを除く)と違ってマルチレイヤーでのハイグロス塗装となるため、サウンドにも良い影響を与えているという。

背面には、ブラス(真鍮)製のシリアルナンバー・プレートを装着しており、シリアルの刻印の他、組み立て/検品担当者のイニシャルが添えられている。これは「デンマーク本社工場で熟練職人の手により、ハンドメイドで仕上げられたクラフトマンシップの証」となっている。

ウッドファイバーコーンを採用した115mm径ミッドレンジ/ウーファーと、28mm径の大型ソフトドームツイーターを各1基搭載した、2ウェイ2ユニット構成。斜めレイアウトのバスレフポートを採用してエアフローを最適化し、低域を強化。壁際へ設置した場合も影響を受けにくい設計とした。

周波数特性は59Hz〜25kHz、クロスオーバー周波数は3kHz。入力感度は86dB、インピーダンスは4Ω、推奨アンプ入力は20〜100W。本体サイズは150×230×250mm(幅×奥行き×高さ)、重さは4kg。サランネットやラバーフットが付属する。