JR東日本千葉支社は25日、京葉線舞浜駅のホーム上の混雑緩和を目的に、浦安市とオリエンタルランドの協力の下、ホーム延伸工事を4月から実施すると発表した。

工事概要によれば、舞浜駅のホームを東京方面側に約45m、蘇我・西船橋方面側に約55m延伸(新設)する計画とのこと。これにともない、上り(東京方面)・下り(蘇我・西船橋方面)の列車停車位置が、それぞれ延伸したホームの分だけ変更される。

ホーム延伸工事は4月から着手し、2022年春頃の使用開始を予定している。工事にともない、舞浜駅高架下の「ホテルドリームゲート舞浜」「ホテルドリームゲート舞浜アネックス」は4月1日から約2年間の予定で一時休館する。