スマートフォンのモバイル回線を他の端末と共有する「テザリング」は、iPhoneユーザにも広く利用されています。iPhoneとWi-Fi、Bluetooth、USB(Lightningケーブル)いずれかの方法で接続すれば、直接モバイル回線に接続できないタブレットやパソコンをインターネットに接続することが可能になります。

サービスとしてのテザリングは、モバイル回線を提供する企業(通信キャリア)により通信プランのオプションとして提供されるため、利用に際しては事前の申し込みが必要です。契約があるSIMカードをiPhoneに装着すると、「設定」アプリに「インターネット共有」という項目が現れ、テザリングの有効/無効を切り替えられるようになります。

iCloudの「ファミリー共有」は、このテザリングに対応しています。テザリングが有効なiPhoneに対し、あらかじめ許可した家族の端末が接続を要求してくると、パスワードの入力なしにインターネットへ接続できます。子どもに譲り渡した通信キャリアとの契約がない(有効なSIMがない)iPhoneも、ワイヤレス通信可能な範囲で保護者のiPhoneがテザリングを有効にしていれば、外出先でインターネット接続が可能になるのです。

ファミリー共有を利用したテザリングを開始するには、「設定」→「インターネット共有」→「ファミリー共有」の順に画面を開き、「ファミリー共有」スイッチを有効にします。すると、ファミリー共有に登録している家族の名前がリストアップされるので、テザリングの利用を許可する家族をタップ、現れた画面で「自動」を選択します。

なお、ファミリー共有の設定で「承認を求める」を選択すると、家族の端末からインターネット接続の要求があったとき、(テザリングを有効にしている)保護者のiPhoneに承認を求めるダイアログが現れます。子どものネット利用を制限したい場合には、「承認を求める」を選択するほうがいいかもしれません。