バンダイは、携帯型育成玩具「たまごっち」シリーズより、TVアニメ『鬼滅の刃』に登場する「鬼殺隊(きさつたい)」の隊士の育成が楽しめる「きめつたまごっち」(全3柄うち1種Amazon限定商品、各2,530円/税込)を2020年10月上旬に発売する。

TVアニメ『鬼滅の刃』は、原作漫画のシリーズ累計発行部数が4,000万部を突破するなど、社会的なブームを巻き起こしている作品。この度、来年で誕生25周年を迎える携帯型育成玩具「たまごっち」とのコラボレーションが実現した。

「きめつたまごっち」は、初代たまごっちよりもひとまわり小さい直径約4cmのたまごっちで、本体のデザインはそれぞれ作品の主人公である兄妹・炭治郎と禰豆子、鬼を退治する政府非公認組織「鬼殺隊」の隊士の衣服をイメージ。TVアニメ『鬼滅の刃』のキャラクターや設定を踏襲しており、鬼殺隊の最終選抜に合格した隊士を育成し、炭治郎、善逸、伊之助といった人気キャラクターはもちろん、鬼殺隊最上位の9名の「柱」にも成長させることができるという。

隊士が空腹のときにはおにぎりを与え、岩斬りや薬湯かけなど、世界観を表現した3種の訓練(ミニゲーム)をすることにより、どの"呼吸の使い手"に成長するかが決定する。育成を怠ると負傷し、隠(カクシ)によって処理されてしまう設定も。鎹烏(かすがいがらす)やチュン太郎など、隊士をサポートしてくれるキャラクターのほか、死闘を繰り広げた鬼や鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)も登場する。

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable (C)BANDAI,WiZ