はい、iOS 13の「メモ」アプリには、手書き文字認識機能が組み込まれています。あらゆる言語/文字種に対応するわけではないものの、工夫次第では日本語環境でも便利な使いかたが可能になります。

「メモ」アプリの手書き文字認識機能とは、作図機能で手書きされた文章の1行目が見出しとして使用されることを指します。ソフトウェアキーボードで入力した文章では、自動的に1行目が見出しになりますが、機能としては同じです。

ただし、自動認識されるのはアルファベット(英大/小文字)とアラビア数字、漢字など一部の文字種に限定されます。漢字はかなりの正確さで認識されますが、ひらがな/カタカナは対象外のため、かな混じりの文章は正しく認識されません。アルファベットやアラビア数字でも、2行目以降とみなされた部分は無視されます。

手書き文字と認識されたメモは、リスト表示したときに「手書きメモ」と表示され、右端に手書き文字がサムネイル画像として表示されます。一見して手書きメモとわかるので、存在を際立たせる目的にも使えます。

手書き文字は図形扱いされるため、それ以外の部分は通常のメモとして利用できます。ソフトウェアキーボードで入力した文章、表や写真といったコンテンツも同じメモに含めることができるので、メモ全体を手書きする必要はありません。

認識された手書き文字は、検索対象になります。「メモ」アプリの検索フィールドはもちろん、Spotlight検索(ホーム画面の適当な位置を下方向へフリックすると現れる検索フィールド)の対象にもなるので、飾りだけでない実用的な見出しとして活用できますよ。