新型コロナウイルスの影響による2月末の一斉休校要請から2カ月ちょっとが経過しました。4月7日に発令された緊急事態宣言も、5月31日までの延期が決定。就学児童生徒を持つ家庭では4月から新学期が始まると思っていましたが、全国で多くの自治体が休校措置を延長し、当面さらなる自宅待機が余儀なくされました。

最初の休校が決まった当時、中学1年生の子を持つ我が家では、即座に最新のオーブンレンジを購入することに。以前から買い替えるつもりではいたのですが、完全に壊れたわけではなかったので使い続けていたところ、思わぬ事態に直面してようやく決断しました。というのも「臨時休校=給食がなくなる」から。

これまでも夏休みなどの長期休暇には家庭で3食を用意していましたが、部活動であったり習い事であったり、子どもたちにもやることがあります。ところが、休校期間中は子どもも大人も人との接触を避けるため、外出が著しく制限されてしまいました。我が子が通う中学校は、休校期間中は15時まで自宅学習とし、原則外出禁止です。いくら自宅学習とはいえ、勉強ばかりでも退屈しますし、暇も持て余しまくり。だからといって、ゲームやネット漬けという生活は、保護者としてはやはり極力避けたいところ……。

そのため、子どもに家事を担当させる家庭が増えたと聞きます。我が家では、以前からカレーやシチュー、肉じゃがといった簡単なメニューであれば、電気鍋などを活用して、子どもが自分で作っていました。しかし、まだまだレパートリーは限られていて、定期的に食事作りを任せようと思うと、親の私自身が飽きてしまいそう……(息子は毎食カレーでもよさそうですが)。また、家庭で作る食事の回数が増えたぶん、毎日の調理をできるだけ時短かつ簡単に、おいしくできる調理器具として、オーブンレンジを一新したわけです。

選んだのはパナソニックの「ビストロ」シリーズ。2019年10月に発売されたハイグレードモデル「NE-BS2600」を購入しました。

○NE-BS2600を選んだ理由

パナソニックのビストロシリーズは、グリル調理が特に得意なオーブンレンジです。中でもNE-BS2600は、オートメニューや、食べ盛りの男子中学生好みの付属レシピ(肉料理やノンフライ揚げ物)が充実しているというのも決め手。筆者は仕事柄、これまで多くのオーブンレンジを試用してきているのですが、最上位機種となると各社のどれもすばらしく、それゆえ何年も選び切れずにいたものです。今回、「いま」必要なのは料理ビギナーの子どもでも使いやすいことと、簡単さを重視してNE-BS2600を選びました。

そして、働く母にとって頼もしい機能は、ワンボウルメニューです。耐熱性のボウルひとつで作れるオートメニューで、例えばカルボナーラなどのパスタ料理や、麻婆豆腐といった中華料理がボウルひとつで完結します。

センサーを駆使してNE-BS2600が適切な制御を行ってくれるので、材料をセットすればあとはお任せ。調理後の片付けもラクなので、家族の在宅時間が増えてただでさえ家事に追われる大変なときに、ちょっとした手抜きに助かっています。「お腹すいた〜」が口グセの食べ盛りがいる我が家にとっては、補食をサッと用意できるのもありがたいポイントです。

○おすすめ機能:凍ったままグリル

「凍ったままグリル」機能も便利です。ハンバーグ、肉巻き、焼き魚といった定番の家庭料理を「あとは焼くだけ」の状態で冷凍しておき、調理のときはNE-BS2600のグリル皿に並べるだけでOK。そのまま焼き上げてくれます。解凍のひと手間を省けるので、料理が苦手なお子さんでもお手伝いできるでしょう。

我が家では、一度にまとめて多めに下ごしらえをしておき、その日のぶん以外は冷凍でストックしておいて、日常的な調理の手間を省いています。我が子は「鶏の手羽先焼き」が特にお気に入りで、大量に下ごしらえをして(塩コショウを振るだけ!)冷凍したものを、自分で好きなときに焼いて小腹を満たしています。

○おすすめ機能:温泉卵

意外にお役立ちなのが「温泉卵」の機能です。スチームを利用した加熱によって、NE-BS2600では卵を4個まで(手動なら10個まで)グリル皿に並べてセットするだけ。約20分で温泉卵ができあがります。

これまでは電気鍋で作っていたのですが、NE-BS2600のほうが断然簡単、できあがりも早い! 調理後も、卵をそのまま取り出すだけでよいので、使ったグリル皿も特にお手入れをする必要なし。後片付けもラクです。

同じようにゆで卵も作れます。4個なら約15分。我が家では以前からゆで卵用の電子レンジグッズを活用していて、そちらのほうが調理時間が早いため、NE-BS2600では温泉卵のみ作っています。そうしたグッズをお持ちでない場合には、温泉卵もゆで卵も、とても有用だと思います。

○NE-BS2600はグリルが得意

前述の通り、ビストロシリーズはグリル調理が得意なオーブンレンジです。独自の付属品であるグリル皿によって、食材の上下から加熱できるのが特長。一般的にオーブンレンジが不得意なトーストも、ひっくり返さずに両面を焼くことができて、1〜2枚なら約4分で焼けます(同時に最大4枚まで)。スチームトースト機能もあり、スペース的に専用のトースターとオーブンレンジの2台置き厳しい家庭(我が家もそうです)にはありがたいポイントです。

グリル機能では、餃子やお好み焼きといったメニューも上手に焼けます。フライドポテトなど子どもウケのいいノンフライメニューも、材料をセットするだけで、NE-BS2600にお任せでおいしく仕上がります。調理中もキッチンから離れて別のことができるうえ、後片付けもラクなので、家事量が急増したこの休校期間中はとても重宝しています。

そのほか、市販の耐熱ボウルを利用して、NE-BS2600だけでちょっとした常備菜も簡単に作れます。食事の一品追加にちょうどいい副菜にぴったり。これまでは電気鍋で調理することが多かったのですが、ビストロなら少ない量でもおいしく作れます。後片付けまで含めると、ビストロのほうがより手軽なぶん、活用機会が増えました。

NE-BS2600で気になった点を挙げるなら、使ったあとに庫内に水滴が残ること。ただ、実際に家庭で使い始めてみると、そのおかげでむしろ毎回キレイに拭き取る習慣につながり、衛生面ではメリットに感じるようになりました。

毎回の使用後には、おススメのお手入れの方法も案内してくれるので、私のようなズボラママには逆にありがたく感じます。また、付属品はオーブン皿が2枚とグリル皿が1枚の3点で、使わないときには重ねておくことができるため、収納・整理も不便さはありません。

というわけで、臨時休校という予定外の危機に見舞われた我が家、新しく買い替えたパナソニックのNE-BS2600は予想以上の働き手となりました。2カ月ほど使い続けてみて、思い切って買い替えてよかったとしみじみ実感しています。しばらく休校期間が続く中(自治体によって異なると思います)、オーブンレンジをはじめ、電気調理鍋など最新の便利な家電を駆使して、日々の家事負担を少しでも軽くしながら、今後も乗り切っていきます。