ASUS JAPANは、デュアルディスプレイ構成の14型ノートパソコン「ASUS ZenBook Duo UX481FL」を発表した。スペックの異なる「UX481FL-HJ122T」「UX481FL-HJ118T」の2モデルをラインアップする。

ASUS ZenBook Duo UX481FLは、14型のメインディスプレイのほかに12.6型のセカンドディスプレイを搭載するデュアルディスプレイ構成のノートパソコン。2つのディスプレイは、タッチ操作と、1,024段階の筆圧検知を行える別売りの「ASUS Pen」の操作に対応する。メインディスプレイには14型ワイドTFTカラー液晶(1,920×1,080ドットのノングレア)、セカンドディスプレイには12.6型ワイドTFTカラー液晶(1,920×515ドットのノングレア)を採用した。

対応するアプリでは、操作パレットや操作メニューをセカンドディスプレイに表示可能。付属の専用アプリを使用すれば、セカンドディスプレイをアプリランチャーにしたり、手書き入力のためのキャンパスとして使用したり、テンキーとして使用したりといった使いかたもできる。

また、ディスプレイを開くと本体の奥側が机から持ち上がるエルゴリフトヒンジを搭載。キーボードが手前に約5.5度傾くため、キー入力時の手の疲労を軽減するという。そのほか、米国の軍事規格であるMIL規格(MIL-STD-810G)をクリアする堅牢性を備えた。

「UX481FL-HJ122T」の主な仕様として、CPUがIntel Core i7-10510U(1.80GHz)、メモリが16GB、ストレージが1TB SSD、バッテリー駆動時間が約13.9時間、ネットワークがIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax+Bluetooth 5.0、OSがWindows 10 Home 64ビット。本体サイズはW323×D223×H20.4mm、重さは約1.66kg。発売日は2020年5月7日。価格は199,819円(税別)。

「UX481FL-HJ118T」の主な仕様として、CPUがIntel Core i5-10210U(1.60GHz)、メモリが8GB、ストレージが512GB SSD、バッテリー駆動時間が約14.3時間、ネットワークがIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax+Bluetooth 5.0、OSがWindows 10 Home 64ビット。本体サイズはW323×D223×H20.4mm、重さは約1.66kg。発売日は2020年5月15日。価格は166,182円(税別)。

インターフェース類はどちらも共通で、HDMI×1、USB3.1 (Type-C/Gen2)×1、USB3.1 (Type-A/Gen2)×1、USB3.0×1、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1など。microSDメモリーカードに対応するカードスロットも搭載する。

なおASUSは、5月7日から6月30日まで、同製品を対象にした「絶対にもらえる!レビュー投稿キャンペーン」を開催。製品の使用感などをレビューサイトへ投稿した人に、クリエイティブな作業に使えるスタイラスペン「ASUS Pen」と、先着50名に5,000円分の商品券をプレゼントする。応募方法などの詳細は、キャンペーンサイトを参照。