●異色のノートPCにサイズ違いの派生モデル
2020年5月7日、ASUSTeKは14型と12.6型の2画面を備えるノートPC「ASUS ZenBook Duo UX481FL」を発表した。高い性能と2画面が生み出す使い勝手の良さは、テレワーク時代にマッチ。実機レビューでその利便性を紹介しよう。

ASUSTeKのASUS ZenBook Duo UX481FLシリーズは、14型と12.6型、2つの液晶ディスプレイを備える異色のノートPC。2019年に発売された15.6型と14型ディスプレイを組み合わせたZenBook Pro Duoの小型版という位置付けだ。CPUのグレードとSSDの容量によって2モデルが用意されているが、今回は上位モデルとなる「UX481FL-HJ122T」を試用する機会を得たので、さっそくレビューをお届けしたい。
○ZenBook Pro Duoがひと回り小型になった

本機最大の特徴は、キーボード上部にある「ScreenPad+」と呼ばれる12.6型セカンドディスプレイの存在だ。1,920×515ドットという珍しい解像度だが、これによりアプリの使い勝手を飛躍的に向上させている。分かりやすい例が、複数アプリを起動しての「ながら作業」だろう。メインの14型フルHD液晶ではWebブラウザを起動、セカンドディスプレイにはYouTubeやTwitterを表示させて動画を見たり、情報をチェックといったことを同時に行いやすい。そして、アプリの配置は記録させることが可能。いつでも、自分が使いやすい環境を呼び出せる。このほか、2画面間のウィンドウをワンタッチで移動できたり、セカンドディスプレイのウィンドウやアプリを3分割で表示させられるなど、使い勝手を高める機能が数多く用意されている。

また、クリエイティブ系のアプリでもその恩恵は大きい。ビデオ編集なら、プレビューをメインのディスプレイ、タイムラインや素材をセカンドディスプレイに表示すれば作業効率は大きく上がる。フォトレタッチでもメイン画面に撮影画像を大きく表示させ、ツール類はセカンドディスプレイに表示させることもできる。

なお、メインディスプレイ、セカンドディスプレイ、どちらもタッチパネル機能を搭載。そのためセカンドディスプレイを手書き入力用にする、といった使い方も可能だ。2画面あるので、ビデオ会議をしながら資料となるデータを開いたり、Webサイトの情報を確認もしやすい。テレワークにもピッタリと言える。

クリエイティブ系のアプリを快適に使えるだけの性能も備えている。CPUにIntel最新の第10世代Coreプロセッサ(コードネーム:Comet Lake)のCore i7-10510Uを採用。4コア8スレッドで動作クロックは1.8GHz、Turbo Boost時で最大4.9GHz(1コア時)で動作する。4コアでも最大4.3GHzで動作が可能だ。メモリはLPDDR3-2133を16GB搭載。なお、メモリの増設には対応しない。ストレージは1TBのNVMe SSDを搭載しており、すぐに容量不足になることはないだろう。グラフィックには、外部GPUのNVIDIA GeForce MX250を搭載している。

2画面ながらサイズはW323×D223×H20.4mmと一般的な14型ノートと変わらない。重量も1.66kgと軽くはないが、重いというほどではない。厚みもそれほどないので、持ち運びも十分できる。また、ハードなテストのクリアが必要となるMIL-STD 810GグレードのMIL規格(米軍の機材調達基準)に準拠と耐久性も高い。

セカンドディスプレイがあることから、キーボードとタッチパッドの配置は独特だ。キーボードは手前ギリギリまであり、タッチパッドは右側にある。そのため、タッチパッドでカーソル操作をしながら、キーボードで文字入力という一般的なノートPCのスタイルでは操作できない。また、この配置の影響で、キーピッチは公表されていないが、一般的なノートパソコンよりも狭めだ。作業をするなら、マウスを用意したほうがいいだろう。

このほか、キーボードにはバックライトがあるため暗い場所でも作業しやすい。なお、ZenBook Pro Duoにはタッチパッドをテンキーとして使えるNumberPad 2.0が搭載されていたが、本機には備わっていない。

また、ディスプレイを開くとヒンジ部が底面を持ち上げて、タイピングしやすい角度を作るASUSのノートPCではおなじみのエルゴリフト構造も採用している

バッテリー駆動時間は公称で約13.9時間(JEITA測定法2.0)。輝度50%の状態で、PCMark 10のバッテリーテストをオフィス関連の処理を中心としたプロファイル「Modern Office」で実行。バッテリー99%から残り2%までで10時間32分となった。十分長時間駆動と言えるだろう。

インタフェースは右側面にUSB 3.0、ヘッドセット端子、microSDカードスロットを備える。左側面にはUSB 3.1 Gen2のType-C、USB 3.1 Gen2、HDMI出力を用意。Type-Cはデータ転送のみで、映像出力や給電には対応していない。無線はIEEE802.11ac/ax/a/b/g/nに対応といわゆるWi-Fi 6をサポート。Bluetooth 5にも対応している

●ベンチマークテストで実性能をチェック
ここからは性能をチェックしよう。ストレージの最大性能を測る「CrystalDiskMark 7.0.0h」、CPUの性能を測る「CINEBENCH R20」と「CINEBENCH R15」、PCの基本性能を測る「PCMark 10 v2.1.2177」、主に3D性能を測る「3DMark v2.10.6797」、人気MMORPGの「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク」を試した。

ストレージはPCI Express 3.0 x2接続のNVMe SSDを搭載。CrystalDiskMark 7.0.0hの結果を見ると、シーケンシャルリードで約2.000MB/秒とNVMe SSDとしてはトップクラスの速度ではないが、それでもSerial ATA接続のSSDよりもかなり高速だ。

PCMark 10を見るとアプリの起動時間やWebブラウザなどの処理時間を測定するEssentialsは9,000オーバーと高いスコア。4コア8スレッドの実力を十分感じられる。ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマークは、GPUにGeForce MX250を搭載していることもあり、標準品質(ノートPC)の1,920×1,080ドットで非常に快適という評価。平均フレームレートで見ても約52.4fpsと快適にプレイできるレベルにある。軽めのゲームならプレイできると言える。2画面を活かして、ゲームをプレイしながらDiscordでコミュニケーションを取ったり、攻略サイトを開いたりといった使い方をするのもいいだろう。

2画面ノートとして2019年に話題を集めてZenBook Pro Duoだったが、有機ELの4Kディスプレイに最新ゲームもこなせる性能を持っていたとは言え、価格が約46万円ということもあって、欲しいと思っても手が出しにくかったのは確か。その点、ASUS ZenBook Duo UX481FL-HJ122Tは約22万円と現実的な価格となった。2画面は仕事にも遊びにも便利。それを省スペースで実現できる貴重な存在であることは間違いない。